アド街

出典:テレビ東京

出没!アド街ック天国(3月27日)土曜日。今週の街は、!『老舗の横浜』人気ベスト20を発表!街で愛されているお店の店舗情報・人気のメニュー・テレビグルメ情報&人気スポット情報をまとめました。

2021年3月27日

出典:テレビ東京放送 毎土曜日 出没!アド街ック天国
出演者:
薬丸裕英 峰竜太 山田五郎 井ノ原快彦 片渕茜 出川哲朗 高島礼子 ミッツ・マングローブ 訪れた街「老舗の横浜 *テレビを見て行ってみたいと思った貴方のために紹介されたお店・人気スポットの情報(連絡先・定休日のお休み・営業時間・メニュー・地図)をご案内します。

 老舗の横浜BEST20

20位  ハマのご当地メン

20位は「ハマのご当地メン」。玉泉亭の「サンマーメン」、奇珍楼の「竹の子ソバ」が紹介された。横浜の店で見かけるバンメンはそれぞれの店で具材が違うが詳しくは誰も知らないそうだ。

【玉泉亭】
大正7年に創業した中華料理店。「サンマーメン」が名物のお店の一つ。
住所: 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-127
TEL: 045-251-5630

【奇珍楼】
麦田町の老舗中華料理店。大正6年に本牧で創業し、空襲でこの地に移転。以来、変わらぬ建物で営業する。こちらで頂けるハマっ子が愛するラーメンは美しい細麺の上に、大ぶりのメンマが8本も入る、手間暇かけたハマの名物麺「竹の子ソバ」。具材のメンマは、日本ではなかなかお目にかかれないという乾燥メンマを使用。1日湯につけた後、拍子木のようにカット。さらに、細やかな温度調節をしながら5日かけて戻し、秘伝の醤油ダレで煮込む。メンマとは思えぬ迫力と食感がクセになる絶品。
住所: 神奈川県横浜市中区麦田町2-44
TEL: 045-641-4994

【翠香園】
昭和23年創業の中華料理店。「サンマーメン」はもちろん、隠れた名物「バンメン」を提供するお店の一つ。「バンメン」はスープが少ない汁そばで、何故か具材や味が店ごとに異なる。また、どこのお店でも浅めの器に盛られて出てくるが、その起源を知る人がいない謎のご当地麺。
住所: 神奈川県横浜市神奈川区松本町2-19-3
TEL: 045-594-6595

——————————————————————————

19位  横浜水信

19位は「横浜水信」。横浜水信は大正4年、バナナの熟成加工問屋として創業した。水信は去年、馬車道にフルーツパーラーの新店舗をオープンした。

住所: 神奈川県横浜市西区南幸1-5-1 相鉄ジョイナス1F
TEL: 045-311-0182

【MIZUNOBU FURUIT PARLOR】
昨年、馬車道にオープンした新店舗。店舗デザインを手がけたのは、工業デザイナーの水戸岡鋭治さん。エレガントな空間で、季節のフルーツを贅沢に使ったパフェやサンドウィッチが頂ける。
住所: 神奈川県横浜市中区北仲通5-57-2 KITANAKA BRICK&WHITE 1F
TEL: 045-662-9295

——————————————————————————

18位 ちぐさ

老舗の横浜BEST20の第18位はジャズ喫茶「ちぐさ」。横浜は日本のジャズ発祥の地とされ、毎年10月に「横濱ジャズプロムナード」が開かれている。お店は中区野毛町にあり、現存する日本最古のジャズ喫茶と言われている。昭和8(1933)年に創業し、平成19年に一度閉店したが、常連客の協力で5年後に復活した。お店と同じ昭和8年生まれの世界的サックスプレーヤー・渡辺貞夫さんも常連客だったという。当時は最新のジャズを聞 ける場所がここしかなかった。横浜で仕事をするのがジャズミュージシャンの夢だったなどと思い出を語った。

住所: 神奈川県横浜市中区野毛町2-94
TEL: 045-315-2006

——————————————————————————

17位  市民酒場

吉野町駅近くにある酒場「忠勇」。関東大震災前の大正8(1919)年に酒屋として創業。昭和2年に飲食店になった。ハマの食文化を語る上では欠かせない老舗で、横浜のふぐ料理発祥の店だという。創業者が神奈川県のふぐ調理師免許制度を設立した。戦時で物資規制が行われた昭和13年頃に酒を安く市民に提供しよう誕生した「市民酒場」でも創業者が中心的な役割を果たしたという。その「市民酒場」が老舗の横浜BEST20の第17位。市民酒場は戦後しばらくすると無くなったが、高島町にある「常盤木」は今も庶民のための酒場であり続けている。大将の荻原さんは以前に取材した際は青モヒカンだったが、今はレインボーカラーにバージョンアップしていた。客のリクエストに応えていたらカラフルになったという。この店の名物も「ふぐ」。「ふぐ豆腐」は4月2日までの期間限定で1人前2,200円。新子安駅近くにある市民酒場が「市民酒蔵 諸星」。昭和初期に創業した。建物は建て替えをした昭和39(1964)年当時のままだという。土・日・祝は定休。焼酎に梅シロップをお好みで加えた「割り梅ロック」(330円)が人気。「もつの煮込み」は赤味噌仕込みで和風シチューのような味わい。

【忠勇】
関東大震災前の大正8年、伊勢佐木町で酒屋として創業し、昭和2年に飲食店となった。創業者は、神奈川県の「ふぐ調理師免許制度」を設立した人物。本牧や磯子沖で釣ってきたフグを、誰でも安心して食べられる様にと尽力した。戦時中、横浜独自の「市民酒場」制度を作った中心人物でもある。
住所: 神奈川県横浜市南区睦町1-3-6
TEL: 045-715-2929

【常盤木】
大正13年創業。今も庶民のための酒場であり続ける名店。冬の名物「ふぐ豆腐」は、ふぐが山盛りで1人前2,200円の衝撃価格。
住所: 神奈川県横浜市西区戸部町5-179
TEL: 045-231-8745

【市民酒蔵 諸星】
京急新子安駅のほど近くに佇む渋い暖簾のお店。昭和初期に創業し、建物は昭和39年に建て替え。角が丸くなったカウンターに常連さんたちの愛着を感じます。人気は「割梅ロック」。焼酎のロックに梅シロップをお好みで垂らして頂く。牛もつとコンニャクの煮込みは赤味噌仕立ての和風シチューのような味わい。
住所: 神奈川県横浜市神奈川区子安通3-289
TEL: 045-441-0840

——————————————————————————-

16位 うなぎの名店

老舗の横浜BEST20の第16位は「うなぎの名店」。横浜が開港した当時に多く居留した外国人が「うなぎ」を敬遠したことから庶民が食べることができたと言われている。外国人が乗る馬車が行き交った馬車道にある老舗が明治5(1872)年創業の「わかな」。看板メニュー「うな丼」(3,500円)はご飯がアッツアッツで量もたくさん。六代目が過去20年分の客数・天候などのデータを記録した閻魔帳を見せてくれた。入客を予想し仕込みの量・タイミングを指示しているので、出来たてを提供できるのだという。

【わかな】
明治5年から営むうなぎの老舗。看板メニューのうな丼はご飯が予想を超えるほどの熱々。美味しさを追求し研究を重ねる6代目が頼りにするのが、20年間分の天候や客足を記した「閻魔帳」。この独自データを元にその日の客入りを予想し、仕込みの量やタイミングを指示している。また、常にお客の実際の動向ををモニターで確認し、仕込み時間を細やかに修正。お米の炊き上がりとうなぎの焼き上がりがぴったり合うよう緻密に管理している。
住所: 神奈川県横浜市中区港町5-20
TEL: 045-681-1404

——————————————————————————-

東京人も憧れる!老舗の横浜BEST20

ゲストの高島礼子、出川哲朗、ミッツ・マングローブは横浜出身。3人が横浜出身だと語ると、井ノ原部長は「絶対に神奈川県って言わないですよね」と語った。出川の実家は横浜駅から10分ぐらいの場所で横浜中の横浜だという。ミッツが横浜でも山の方で町田に近いと話すと、出川に横浜で出ちゃダメと言われてしまった。3人に横浜のお気に入りを質問すると、高島は「ドルフィン」と答えた。ユーミンの「海を見ていた午後」にも登場するカフェ。お金を貯めて行くのが夢だったという。出川は「横浜水信」。お坊ちゃまだった出川のおやつは横浜水信のフルーツだったという。武蔵村山に住んでいた薬丸裕英にとって横浜は外国のように感じられたという。

——————————————————————————

15位  天吉

老舗の横浜の第15位は「天吉」。創業は明治5(1872)年。人気の「濱天丼」(1,650円)は大ぶりのかき揚げとイカ・キスの天ぷらが乗っている。

出典:食べログ ← クリックすると店舗詳細が確認できます。

予約・
お問い合わせ
050-5571-3266
予約可否予約可
住所神奈川県横浜市中区港町2-9 大きな地図を見る 周辺のお店を探す
交通手段JR関内駅 北口 徒歩1分関内駅から41m
営業時間・
定休日
営業時間ランチ   火~金 11:30~14:30(L.O.)(土~15:00)
ディナー 火~金 17:00~21:30(L.O.)
      土    11:30~21:30(L.O.)
      日・祝 11:30~20:30(L.O.)日曜営業定休日月曜日新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

——————————————————————————

14位 横浜銘菓

「喜久家」の「ラムボール」は山手の外国人が持ち込んだレシピをもとに誕生したという。さらに、「浜志゛まん」の名物は「ボストンクリームパイ」も紹介した。続いては戸塚にある「中屋菓子舗」を紹介。注文後にあんを挟む「最中」が人気だという。吉野町の「おもや甘納豆」では、今も店の奥で手作りされている。贈り物にするなら、竹製の容器に包まれた「甘納豆 シガ(大)」を。

【喜久家】
元町の洋菓子店。大正の創業まもない頃、山手の外国人が持ち込んだレシピを元に誕生したという「ラムボール」は、今もハマっ子の大好物。
住所: 神奈川県横浜市中区元町2-86
TEL: 045-641-0545

【浜志゛まん】
大正2年に創業した伊勢佐木町の洋菓子店。名物は「ボストンクリームパイ」。昭和32年、アメリカ・ボストン生まれの「クリームパイ」をアレンジしたもの。パンケーキ生地の中に生クリームとカスタードクリームがたっぷり入っている。
住所: 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-129
TEL: 045-252-4001

【中屋菓子舗】
旧東海道戸塚宿で、黒船来航の4年前から営む和菓子屋さん。注文を受けてから餡を挟む最中が人気。
住所: 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町6003-2
TEL: 045-881-0693

【おもや甘納豆】
市営地下鉄吉野町駅の近く、ビルの狭間で歴史を漂わせる、量り売りの甘納豆のお店。大正12年の創業から変わらぬ、色とりどり7種の甘納豆が昔ながらのショーケースにずらりと並ぶ。店の奥の厨房では何台もの大釜がフル稼動。3日間かけて蜜を豆の芯まで染み込ませる。贈り物にするなら、風流な竹の箱に詰めてもらうのがおすすめ。
住所: 神奈川県横浜市南区吉野町3-7
TEL: 045-251-5134

—————————————————————————–

13位 勝烈庵

棟方志功にも愛されたとんかつ店「勝烈庵」を紹介。自家製ソースを製造するのは81歳の渡辺喜八郎さん。ソース一筋54年、1人で作り続けている。だが、渡辺さんが高齢のため「若い人を」と配属されたのは、71歳の森山賢造さんだったという。

住所: 神奈川県横浜市中区常盤町5-58-2
TEL: 045-681-4411

—————————————————————————–

12位 伝説のバー

多くの著名人に愛されたホテルニューグランド内のバー「シーガーディアンII」など、“ハマのバー”を紹介。戦後、米軍に接収されていた本牧町は、昭和57年に返還されるまで米軍の社交場だったミュージッククラブも多かった。その中の1軒で、今もバーとして営業している「ゴールデンカップ」は渡辺貞夫さんにとっても思い出の地だという。さらに、渡辺さんが演奏していた「イタリアンガーデン」は、現在レストランバー「I.G」として営業を続けている。昔から変わらぬ名物は「ミックスピザ」。潜水艦のコックだった初代料理長によって、狭い厨房でも焼ける四角いピザが誕生したという。

【バー シーガーディアンII】
現存する横浜最古のホテル「ホテル ニューグランド」の中の名門バー。小説家の大佛次郎など、多くの著名人に愛された。オーセンティックなムードも横浜ならでは。
住所: 神奈川県横浜市中区山下町10 ホテルニューグランド本館1F
TEL: 045-681-1841

【ゴールデンカップ】
戦後、アメリカ軍に接収されていた本牧で、昭和57年に返還されるまでアメリカ兵たちの社交場だったミュージッククラブのひとつ。今もバーとして営業を続ける。
住所: 神奈川県横浜市中区本牧町1-46
TEL: 045-623-9353

【I.G】
「イタリアンガーデン」が前進のバー。ジャズマンにとって憧れのミュージッククラブで、世界的サックス奏者の渡辺貞夫さんもかつてこちらのステージで演奏していた。お店は今も同じ場所に健在。名を「I.G」と変え、レストランバーとして営業している。昔から変わらぬ名物が、本牧の名物でもある四角いピザ。元々潜水艦のコックだった初代料理長が、狭い厨房でも効率よく焼けるように四角く形成したことが始まりと言われる。
住所: 神奈川県横浜市中区本牧町1-106
TEL: 045-623-6901

——————————————————————————

11位 町そば

11位は町そば。平沼の田中屋で人気なのはきざみ鴨せいろ。同じく平沼にある角平の名物は温かい汁に海老天が縦に刺さっているつけ天。桜木町駅の前にある川村屋は明治33年創業できす天そばが人気。関内にある昭和22年創業の利久庵のつけ天は蕎麦好きの納得の一品となっている。さらにこの店の主人は出川哲朗のいとこだった。

【平沼 田中屋】
大正9年創業のお蕎麦屋さん。「きざみ鴨せいろ」が人気。
住所: 神奈川県横浜市西区平沼1-5-21
TEL: 045-322-0863

【角平】
平沼にあるお蕎麦屋さん。名物は、温かいつゆに大きな海老天が縦に刺さった「つけ天」。天ぷらの衣のサクサク感とつゆが染みた美味しさは、蕎麦の風味も損なわない傑作。
住所: 神奈川県横浜市西区平沼1-36-2
TEL: 045-321-4341

【川村屋】
桜木町駅の目の前にあるお蕎麦屋さん。明治33年、駅構内で洋食屋として創業した老舗。本鰹や鯖などの天然出汁で作るつゆは、駅そばとは思えない深い味わい。人気の一杯は「きす天そば」。早い、安い、美味いのおもてなしで蕎麦好きのハマっ子を満足させている。
住所: 神奈川県横浜市中区桜木町1-1 桜木町駅構内
TEL: 045-201-8500

【利久庵】
昭和22年の創業の関内にあるお蕎麦屋さん。そば打ちの工程で一番難しい「水回し」をたっぷり1時間かけて丹念に行うことで、しなやかでコシの強い蕎麦を生み出す。北海道十勝産の蕎麦粉を使用し、二八に打った蕎麦は風味も極上。蕎麦好きも納得の逸品です。
住所: 神奈川県横浜市中区真砂町2-17 利久ビル
TEL: 045-641-3035

——————————————————————————-

東京人も憧れる!老舗の横浜BEST20

ミッツ・マングローブは、母親は「I.G」の四角いピザが好きだったとトーク。一方、高島礼子が「Bar Star Dust」は憧れの場所だったと話すと、出川哲朗は小学校の時の遊び場だったと豪語。そんな3人はサーカスというディスコに行ったと、共通の思い出話で盛り上がった。

ハマのNEWスポット

桜木町と運河パークを結ぶ日本初の常設都市型ロープウェーである「YOKOHAMA AIR CABIN」は4月22日に開業予定となっている。みなとみらいにあるザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜にあるザ・カハラスイートからは横浜の海が望める。そして今横浜には実物大の動くガンダムのスポットがある。

横浜・山下町にある話題のスポットが「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」。アニメと同じ18mの実物大ガンダムが展示されている。またこのガンダムは国内9社の会社が協力し日本の技術力を結集させて動くことができるようになっている。追加料金を払えばGUNDAM-DOCK TOWERから至近距離でガンダムを見ることができる。公開は来年までの限定となっている。

——————————————————————————-

10位 割烹料亭 田中家

10位は割烹料亭田中家。ここに通っていたのは高杉晋作や西郷隆盛などの幕末志士達。ここで倒幕の計画を練っていたと伝えられているという。またここで仲居として働いていたのが坂本龍馬の妻であるおりょうで勝海舟などの紹介で来たと言い伝えられている。

住所: 神奈川県横浜市神奈川区台町11-1
TEL: 045-311-2621

——————————————————————————-

9位 有隣堂

9位は有隣堂。創業は明治42年となっている。名物である文庫カラーカバーは季節・気分によって明るい色にするなど色々と楽しむ人もいるという。一番人気の色はライトブルーとのこと。

住所: 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-4-1
TEL: 045-261-1231

——————————————————————————-

8位  日常のご馳走

8位は「日常のごちそう」。ハマっ子の食卓に逸品あり。安くて美味しい普段使いの品々こそ、ハマの真髄。「川窪牛豚肉店」は「和牛の芸術品」を謳う看板が目を引く精肉店。神奈川区で大正2年に創業。今でこそポピュラーな熟成肉を40年以上前から店で仕込んでいる。名物は、熟成肉のミンチをつなぎ無しで揚げた「ビーフボール」。「ウチキパン」は創業から133年。元町にある、現存する横浜最古のパン屋さん。名物の食パン「イングランド」は、酵母にホップを加える独自の製法。飽きのこない美味しさ。「梅や」 は大正2年創業の鶏肉専門店。店頭のショーケースには6種類以上の銘柄鶏がずらり。部位も多彩に揃っている。精肉売場の隣は、魅惑のお惣菜コーナー。6種類の唐揚げに加え、レバーのしぐれ煮から丸々のローストチキンまで圧巻の品揃えを誇る。おすすめは、17種類もある焼き鳥。店の奥では「梅や 串刺し娘」たちが1日6千本もの串刺し作業を行う。一番人気は、捌きたての新鮮なものしか使わないレバー串。一番上に刺したハツがいいアクセントになっている。「蔦金商店」は横浜中央市場のほど近くにある、明治27年創業の海苔問屋で、横浜の大スター出川哲朗さんのご実家。厳選された海苔に、ハマの多くの名店も信頼を寄せている。看板商品は、出川哲朗さんの顔写真がパッケージされた「元気のりのり」。横浜髙島屋で販売する限定パッケージでは、こちらの社長で、出川哲朗さんのお兄さん・雄一郎さんも共演。

【川窪牛豚肉店】
「和牛の芸術品」を謳う看板が目を引く精肉店。神奈川区で大正2年に創業。今でこそポピュラーな熟成肉を40年以上前から店で仕込んでいる。名物は、熟成肉のミンチをつなぎ無しで揚げた「ビーフボール」。
住所: 神奈川県横浜市神奈川区青木町10-8
TEL: 045-441-2983

【ウチキパン】
創業から133年。元町にある、現存する横浜最古のパン屋さん。名物の食パン「イングランド」は、酵母にホップを加える独自の製法。飽きのこない美味しさです。
住所: 神奈川県横浜市中区元町1-50
TEL: 045-641-1161

【梅や】
大正2年創業の鶏肉専門店。店頭のショーケースには6種類以上の銘柄鶏がずらり。部位も多彩に揃っている。精肉売場の隣は、魅惑のお惣菜コーナー。6種類の唐揚げに加え、レバーのしぐれ煮から丸々のローストチキンまで圧巻の品揃えを誇る。おすすめは、17種類もある焼き鳥。店の奥では「梅や 串刺し娘」たちが1日6千本もの串刺し作業を行う。一番人気は、捌きたての新鮮なものしか使わないレバー串。一番上に刺したハツがいいアクセントになっている。
住所: 神奈川県横浜市中区吉田町6-3
TEL: 045-261-5913

【蔦金商店】
横浜中央市場のほど近くにある、明治27年創業の海苔問屋で、横浜の大スター出川哲朗さんのご実家。厳選された海苔に、ハマの多くの名店も信頼を寄せている。看板商品は、出川哲朗さんの顔写真がパッケージされた「元気のりのり」。横浜髙島屋で販売する限定パッケージでは、こちらの社長で、出川哲朗さんのお兄さん・雄一郎さんも共演。
住所: 神奈川県横浜市神奈川区栄町89
TEL: 045-461-0361

——————————————————————————-

7位 ハマの洋食

7位は「ハマの洋食」。西洋文化にいち早く触れてきた横浜には、老舗の洋食店が数多ある。「ホテル ニューグランド」はドリア、ナポリタン、プリンアラモードが誕生したホテル。今やどれもが日本の洋食の定番。「グリルエス」は馬車道にある洋食店。郷愁を誘うオムライスが横浜の歴史を物語る。「洋食キムラ」は昭和13年、野毛に創業した洋食店。「絶対に味は変えるな」という初代の教えを3代に渡り守り続けている。洋食キムラの代名詞が、シェル型の鉄板で供される「ハンバーグステーキ」。添えられる半熟の卵は、貝の中の真珠を表現している。そんな名店の味は今、テイクアウトでも大人気。お弁当には目玉焼きが添えられ、ご飯には昆布と佃煮と、うれしいプチカレーが付く。それでも何か物足りないという方には、お弁当の隣で販売するシェル型の南部鉄器がおすすめ。お家でお店気分が味わえる。

【ホテル ニューグランド】
ドリア、ナポリタン、プリンアラモードが誕生したホテル。今やどれもが日本の洋食の定番です。
住所: 神奈川県横浜市中区山下町10
TEL: 045-681-1841

【グリルエス】
馬車道にある洋食店。郷愁を誘うオムライスが横浜の歴史を物語る。
住所: 神奈川県横浜市中区相生町5-89
TEL: 045-681-2581

【洋食キムラ】
昭和13年、野毛に創業した洋食店。「絶対に味は変えるな」という初代の教えを3代に渡り守り続けている。洋食キムラの代名詞が、シェル型の鉄板で供される「ハンバーグステーキ」。添えられる半熟の卵は、貝の中の真珠を表現している。そんな名店の味は今、テイクアウトでも大人気。お弁当には目玉焼きが添えられ、ご飯には昆布と佃煮と、うれしいプチカレーが付く。それでも何か物足りないという方には、お弁当の隣で販売するシェル型の南部鉄器がおすすめ。お家でお店気分が味わえます。
住所: 神奈川県横浜市中区野毛町1-3
TEL: 045-231-8706

——————————————————————————-

6位 泉平

6位は「泉平」。1839年創業のいなり寿司の老舗。幕末の頃、港作りに駆り出された男たちのために生まれた名物が、長さ20センチのいなり寿司。「片手で一度にたくさんの量を食べられるように」とこの形になったと言われるが、現在は食べやすさを考慮して半分に切って販売。

住所: 神奈川県横浜市中区尾上町5-62-2
TEL: 045-681-1514

——————————————————————————-

シブ~い横浜「磯子トライアングル」とは?

久木町の「浜マーケット」は、戦後間もなく立った闇市がルーツ。約120mのアーケード街で17店が営業している。「グルメショップ カネヒラ」の1番人気は「三角コロッケ」。


シブ~い横浜「究極の在宅ワーク」とは?

岸根公園駅から向かったのは「上重朋文の店」。料理人だったご主人が元の店を畳み、自宅で中華料理店を始めた。


シブ~い横浜「鶴見の丸池地獄」とは?

寛政町の安善駅から「安善湯」を訪れた。昭和初期に建造され、元は近隣の工場の共同浴場として利用されていた。


オシャレなだけじゃハマじゃない!

紹介された「安善湯」についてスタジオトーク。出川哲朗は、昔の鶴見区はヤバい人が集まっていたなどと話した。

——————————————————————————

5位  牛鍋

5位は「牛鍋」。文明開化によって誕生した、横浜を代表する名物。「じゃのめや」は明治26年創業。数多くの文化人に愛されてきた名店。「荒井屋 本店」は伊勢佐木町で明治28年から続く老舗。こちらでは、厳選した黒毛和牛を一頭買い。お一人様用の鉄鍋が特別感を演出する。「太田なわのれん」は牛鍋の元祖と言われる、明治元年創業の老舗。吉川英治など横浜ゆかりの文豪にも愛された。分厚くサイコロ状にカットした牛肉を味噌ダレで煮る独特な牛鍋は、創業者の工夫により始まった。

【じゃのめや】
明治26年創業。数多くの文化人に愛されてきた名店。
住所: 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-126
TEL: 045-251-0832

【荒井屋 本店】
伊勢佐木町で明治28年から続く老舗。こちらでは、厳選した黒毛和牛を一頭買い。お一人様用の鉄鍋が特別感を演出する。
住所: 神奈川県横浜市中区曙町2-17
TEL: 045-251-5001

【太田なわのれん】
牛鍋の元祖と言われる、明治元年創業の老舗。吉川英治など横浜ゆかりの文豪にも愛された。分厚くサイコロ状にカットした牛肉を味噌ダレで煮る独特な牛鍋は、創業者の工夫により始まった。
住所: 神奈川県横浜市中区末吉町1-15
TEL: 045-261-0636

——————————————————————————-

4位 崎陽軒

4位は「崎陽軒」。明治41年、横浜駅の構内で創業したハマっ子心の味。昭和29年に誕生したシウマイ弁当は、駅弁にも関わらず自宅で夕飯に食べるのがハマっ子流。今年、崎陽軒のお弁当に入るおかず20種の中から好きなおかずを「願い」としてSNSに投稿する人気投票を実施。投票数の多いおかずを集めたお弁当を商品化。1位に輝いたのは、もちろん「昔ながらのシウマイ」。ハマっ子の大好きな「筍煮」「しょうが焼弁当のしょうが焼き」「鮪の漬け焼」「横濱チャーハンの鶏のチリソース」「あんず」などを詰め合わせた「願いが叶ったお弁当」は、3月31日までの限定販売。

住所: 神奈川県横浜市西区高島2-12-6
TEL: 0120-882-380
(お客様相談室)

——————————————————————————-

3位 横浜中華街

老舗の横浜BEST20の第3位は「横浜中華街」。コロナ禍でテイクアウトを積極的に実施して奮闘中。老舗のテイクアウト五目チャーハンを徹底比較した。昭和34(1959)年創業、四川料理「重慶飯店 本館」の五目入りチャーハン(1,080円)は4種の肉を贅沢に使っている。昭和30(1955)年創業、上海料理「状元樓」の五目チャーハン(1,296円)はラーメンダレを加えて炊いたご飯を使用している。昭和53(1978)年創業、広東料理「吉兆」の五目チャーハン(990円)はエビではなくズワイガニを使用。エリンギやハムなど独特の5種で個性を演出する。井ノ原部長は赤レンガ倉庫に車を停めて、船に乗って山下公園に行き、中華街を回って帰って来ていたが、ロープウェーができたなら遊園地みたいな感覚で行けると語った。

【重慶飯店 本館】
四川料理の名店。チャーシューだけでなく、腸詰や蒸し鶏など4種の肉を贅沢使いしたチャーハンは食べ応え満点。
住所: 神奈川県横浜市中区山下町164
TEL: 045-641-8288

【状元樓】
上海料理の人気店。チャーハンには、ラーメンのタレを加えて炊きあげたご飯を使うのがこだわり。具は、焼き豚、海老、枝豆長ネギの4種類。しっかりと味のついたパラパラのご飯に枝豆のアクセントが効いている。
住所: 神奈川県横浜市中区山下町191
TEL: 045-641-8888

【吉兆】
広東料理の名店。具のメインに海老ではなくズワイガニを使用。さらにエリンギやハムなど独特の具材で個性を演出。テイクアウトでもしっかりお椀型に仕上げる。
住所: 神奈川県横浜市中区山下町164
TEL: 045-651-9157

——————————————————————————-

2位 横浜が発祥

老舗の横浜BEST20の第2位は「横浜が発祥」。横浜は競馬やクリーニングなど様々なモノの発祥の地とされる。馬車道には日本写真の開祖・下岡蓮杖を称える碑が建っている。下岡は文久2(1862)年に野毛に日本初の写真館を開業した。山下町にある大正7年創業の写真館「フォトエクボ」の4代目・今井さんは明治時代に流行した横浜写真のコレクター。横浜写真は明治期に制作された彩色写真で、外国人旅行者への土産物として人気を博したという。写真が浮き出て見える明治時代のVRゴーグル、アメリカ製のステレオスコープも見せてくれた。

【フォトエクボ】
山下町にある大正7年創業の写真館。4代目の今井準さんは、明治時代に流行した「横浜写真」なるもののコレクター。白黒写真に日本画の顔料で彩色した横浜の風景写真は、外国人旅行者の土産物として人気が高かったと言われる。こちらでは、明治30年代のアメリカ製のステレオスコープという趣向品も保管。付属する100枚の専用写真には、横浜を含む日本全国の景勝地が映し出されている。この写真を器具に差し込みスコープを覗くと、中の風景が浮きあがり、臨場感あふれる3D画像が楽しめる。
住所: 神奈川県横浜市中区山下町11-1 グランドアネックス2F
TEL: 045-664-6764

——————————————————————————

1位 元町ショッピングストリート

老舗の横浜BEST20の第1位は「元町ショッピングストリート」。昭和36(1961)年に始まったチャーミングセールは今年もきょうから4月4日まで開催中。明治15年創業「キタムラ」は店内全品20%OFF、昭和21年創業「フクゾー洋品店」は店内一部商品を特別価格で提供、大正12年創業「ミハマ」は店内全品20%OFF。30~50%OFFのセール品もあり。昭和44年創業「ポンパドウル」はワゴン内詰め合わせセットが20%OFFの1,080円。明治34年創業「近沢レース店」は店内一部商品が10~50%OFF。明治15年創業「タカラダ」は店内商品が10~50%OFF。明治18年創業「ダニエル」は店内商品10~80%OFF。

横浜・元町を何度も取材したこの番組がまだ訪れてなかった名店が「MOTOMACHI OZAWA」。昭和33(1958)年にレディースファッションのオーダーメイドショップとして創業。現在はオーダーメイドに加えて、オリジナル商品を中心とした婦人服のセレクトショップとして営業中。オリジナル商品の店2階のアトリエで製作している。89歳のオーナー・小澤美登利さんはデザイナーとして今でも現役で活躍中。

【MOTOMACHI OZAWA】
昭和33年、レディースファッショのオーダーメイドショップとして創業。現在は、オーダーメイドに加えオリジナル製品を中心として婦人服のセレクトショップとして営業している。オリジナル商品は、店の2階に構えるアトリエで製作。居留地の外国人向けの仕立て屋さんが多かった元町の伝統を受け注ぐ名店です。オーナーは89歳の小澤美登利さん。仕立て職人だったご主人と二人三脚で店を盛り立ててきた。決して奇をてらわないベーシックなデザインと丁寧な仕事で生み出されるとっておきの一着。手直しをしながら親子3代で受け継ぐ方もいるという。
住所: 神奈川県横浜市中区元町3-116
TEL: 045-641-0532

東京人も憧れる!老舗の横浜BEST20

高島礼子は映画の撮影で「MOTOMACHI OZAWA」を使った際に購入したと語った。元町が染み付いているという出川哲朗は「一番好きなのはクリスマス。一色のみのライトアップがめっちゃキレイ。女の子を何人も連れて行った。気付いたらチューしてる街、それが元町」と語った。

次回も楽しみですね♪

後記:コチラの情報は放送当時のものとなります。 ※料理の値段は時期や天候などによって変動する可能性があります。 ※品切れの場合もございますご了承ください。 嵐にしやがれ!唐沢寿明「キングオブミート豚肉デスマッチ」で紹介されたお店10月1日新チューボーですよ!「油淋鶏」街の巨匠のお店・ユーリンチーレシピ10月1日王様のブランチごはんクラブ『新アイデアが詰まったシン・ゴハン』のお店10月1日ぴったんこカンカン「高畑充希のやりたことを叶えるツアー」9月30日「news every.」ニュースエブリイ特集!「一品こだわり専門店」9月28日誰だって波瀾爆笑!9月スペシャル「過去に放送された絶品グルメ」芸能人絶賛のお店!シューイチ9時半越え「テーマ型ホテルブッフェ」でご紹介グルメ&ホテル情報9月25日極上!旅のススメ「草野仁が行く伊勢参宮街道を巡る旅」渡辺正行・石川梨華9月25日スマステ『新規リニューアル人気高速パーキング・サービスエリア』グルメ紹介9月24日新チューボーですよ!「ビーフカツサンド」街の巨匠のお店・カツサンドレシピ9月24日火曜サプライズ府中駅グルメ&江原オリラジの悩み相談で訪れたお店9月20日放送シューイチ9時半越え「年々進化する女子会」でご紹介・グルメ情報9月18日放送嵐にしやがれ!坂上忍「わんぱくサンド」で紹介されたお店9月17日放送新チューボーですよ!「半熟卵のピッツァ」巨匠のお店・飲食店・レシピ9月17日放送王様のブランチごはんクラブ『1000円以下の最新玉子グルメ特集』で紹介されたお店9月17日放送行列のできる即日完売グルメも終了!最終回、黄金伝説で紹介されたベスト22のお店情報火曜サプライズ蔵之介アポなし旅&旬のスイーツ巡りで訪れたお店9月13日グルメ情報シューイチ9時半越え「秋の新作パン祭り」でご紹介されたパン屋・グルメ情報9月11日放送スマステ『思わず写真を撮りたくなるグルメベストセレクション10』のお店紹介9月10日新チューボーですよ!「かき揚げ丼」巨匠のお店・飲食店・レシピ9月10日放送嵐にしやがれ!北川景子&イモト「激辛グルメデスマッチ」9月10日放送王様のブランチ『ブランチごはんクラブ』中丸くんたし算ごはん特集で紹介されたお店9月3日放送ぴったんこカンカン「美女と蔵之介が行く」9月9日で紹介されたお店・飲食店情報新チューボーですよ!「イワシのパン粉焼き」巨匠のお店・飲食店・レシピ9月3日放送王様のブランチ『ブランチごはんクラブ』サンドイッチ特集で紹介されたお店9月3日放送ぴったんこカンカン「芳村真理旅」9月2日で紹介されたお店・飲食店情報火曜サプライズで紹介されたお店・飲食店・レストラン8月30日グルメ情報王様のブランチ『ブランチごはんクラブ』溝端淳平・カレーグルメで紹介されたお店8月27日放送火曜サプライズで紹介されたお店・飲食店・レストラン8月23日グルメ情報

ジョブチューン・カップラーメンベスト10ランキング8月13日放送ジョブチューン・コンビニパンベスト10ランキング8月13日放送新チューボーですよ!「鶏肉のフォー」巨匠のお店・飲食店・レシピ8月13日放送シューイチで紹介されたお店・レストラン・飲食店・グルメ情報8月7日放送嵐にしやがれ!ぺこ&りゅうちぇる「激戦区グルメデスマッチ」8月6日放送新チューボーですよ!「バターチキンカレー」巨匠のお店・飲食店・レシピまとめ2016年8月5日放送分「ぴったんこカン・カン」で紹介されたお店はコチラ火曜サプライズで紹介されたお店・飲食店・レストラン8月2日グルメ情報「news every.」ニュースエブリイ特集!「街でウワサの人気店」8月2日放送新チューボーですよ!「アクアパッツア」巨匠のお店・飲食店・レシピまとめ

シューイチで紹介されたお店・レストラン・飲食店・グルメ情報7月31日放送新チューボーですよ!「焼き餃子」巨匠のお店・飲食店・レシピまとめぴったんこカンカン「ちょい不良オヤジぶらり旅」7月22日で紹介されたお店・飲食店情報「news every.」ニュースエブリイ特集!激辛料理のお店・飲食店7月19日シューイチで紹介されたお店・レストラン・飲食店・グルメ情報7月17日放送王様のブランチ『芸能人ごはんクラブ』で紹介されたお店・飲食店7月16日グルメ情報2016年夏も行列のできる即日完売グルメ!黄金伝説で紹介されたベスト10のお店火曜サプライズで紹介されたお店・飲食店・レストラン7月12日グルメ情報シューイチで紹介されたお店・レストラン・飲食店・グルメ情報7月10日放送新チューボーですよ!「キムチチャーハン」巨匠のお店・飲食店・レシピまとめぴったんこカンカン『石塚グルメ』7月8日で紹介されたお店・レストラン・飲食店情報ヒルナンデス「2016年上半期テレビ取材殺到の人気グルメ店ベスト10」のお店紹介火曜サプライズで紹介されたお店・飲食店・レストラン7月5日グルメ情報「news every.」ニュースエブリイ特集で紹介されたお店・飲食店7月5日シューイチで紹介されたお店・レストラン・飲食店・グルメ情報7月3日放送新チューボーですよ!「モダン焼き」巨匠のお店・レストラン・飲食店・レシピまとめヒルナンデス『大ヨコヤマ物産展』6月30日放送人気グルメコーナー「news every.」ニュースエブリイ特集で紹介されたお店・飲食店6月28日スマステ最新行列グルメ待ち時間ランキング2016 ベスト10のお店紹介6月25日シューイチで紹介されたお店・レストラン・飲食店・グルメ情報6月26日放送