アド街

出典:テレビ東京

出没!アド街ック天国スペシャル(12月1日)土曜日。「箱根湯本BEST20!街で愛されているお店の店舗情報・人気のメニュー・テレビグルメ情報&人気スポット情報をまとめました。

2018年12月1日

出典:テレビ東京放送 毎土曜日 出没!アド街ック天国 
出演者:薬丸裕英 峰竜太 須黒清華 山田五郎 井ノ原快彦 天野ひろゆき(キャイ~ン) 原晋 橋本マナミ

 

箱根湯本ベスト20

徳川将軍が江戸に取り寄せた温泉は献上湯と呼ばれた。歴代の将軍が愛した温泉が開湯以来1200年の歴史を誇る箱根湯本。3年前の噴火騒動の時に観光客は激減したが今はV字回復をし騒動以前を上回る観光客数を記録している。本日のテーマは「箱根湯本」。
 
 
*テレビを見て行ってみたいと思った貴方のために紹介されたお店・人気スポットの情報(連絡先・定休日のお休み・営業時間・メニュー・地図)をご案内します。
 

Sponsord Links

 

 

20位思い立ったら湯本
 
 
20位:思い立ったら湯本。ノープランで訪れ温泉をスマホで検索し、日帰りの湯を楽しむという。「湯の里 おかだ」は入場料1450円で夜11時まで滞在できる人気の一軒。無料漫画コーナーやカラオケルームも完備している。
 
【湯の里 おかだ】
高台に位置する人気の宿。入館料1,450円で、夜11時まで滞在できる。無料の漫画コーナーや、カラオケルームも完備しているので、ノープランで来ても1日存分に楽しめる。
住所: 神奈川県箱根町湯本茶屋191
TEL: 0460-85-3955
 
 
——————————————————————————–
 
19位 湯葉丼 直吉
 
19位:湯葉丼 直吉。人気は「湯葉丼+湯葉刺しセット」。店内には息子が描いた店主の似顔絵が飾られている。息子の賢一郎さんは現在、日本大学芸術学部に通っており映像監督として様々なアーティストのPVなどを手がけている人物だという。賢一郎さんがお店のプロモーションビデオを撮影し父親に見てもらった。
 
 
 
出典:食べログ ←  
クリックすると店舗詳細が確認できます。

予約・
お問い合わせ

0460-85-5148

予約可否  
住所

神奈川県足柄下郡箱根町湯本696

交通手段

小田急ロマンスカー「箱根湯本駅」、箱根登山鉄道「箱根湯本駅」前の道路から一本入って少し歩いたところにあるお店(徒歩3分程度)。

箱根湯本駅から175m

営業時間

11:00~19:00(L.O.18:00)

日曜営業

定休日

火曜日


 

Sponsord Links

 

 

——————————————————————————–

 

18位玉簾の瀧
 
18位:玉簾の瀧。多くの文人に愛された玉簾の瀧は「水晶でこしらえた玉簾の様」とその名前が付けられた。天成園の2階にある瀧見亭では日曜日限定でランチバイキングが開催されている。
 
【天成園】
須雲川沿いに構える人気の宿。「玉簾の瀧」を望みながら、ランチバイキングを楽しめる。
住所: 神奈川県箱根町湯本682
TEL: 0460-83-8511
 
 

——————————————————————————– 

17位 現代湯治
 
17位:現代湯治。温泉好きの間で話題となっている。2012年に開業した「星野リゾート界 箱根」で提案しているのは“うるはし現代湯治”。お願いすれば湯守が効果的な入浴方法などを案内している。また「養生館 はるのひかり」も現代湯治の宿として注目されている一軒。朝食では希望者に黒豆納豆を無料で提供している。
 
【星野リゾート 界 箱根】
「うるわし現代湯治」を提案している人気の宿。お願いすれば、湯守りが効果的な入浴方法を案内。希望者には、温泉に入りながらのストレッチも教えてくれる。
住所: 神奈川県箱根町湯本茶屋230
TEL: 0570-073-011

【養生館 はるのひかり】
現代湯治の宿として注目されている一軒。静かな滞在を主とし、宿泊客は4名以下の利用に限定している。夕食は、無農薬露地栽培の野菜を中心としたヘルシーで消化の良いメニュー。体の中からもリフレッシュできる。
住所: 神奈川県箱根町湯本554
TEL: 0460-85-5641

 

——————————————————————————– 

16位インターナショナルな温泉地
 
16位:インターナショナルな温泉地。3年前にオープンした「ゲストハウス Azito」は素泊まりで1泊3500円から。地元の若旦那衆は店のユニフォームを着たまま町に出て外国人観光客をもてなす取り組みを始めたという。
 
【ゲストハウス Azito】
外国人観光客に人気の宿。素泊まりで1泊で3,500円から。中でもカプセルルームが人気。
住所: 神奈川県箱根町湯本491
TEL: 0460-83-8557
 
——————————————————————————– 

 

都心からすぐ行ける!箱根湯本 BEST20
 

本日のテーマは「箱根湯本」。井ノ原は「湯葉丼 直吉」の息子さんにMVを撮ってもらったことを明かした。原晋は「レジャーという感覚はない職場です。当日だけでなく下見にも行く」とコメント。小田原に住んでいた天野ひろゆきは、大学をさぼり日帰り温泉を利用したエピソードなどを話した。さらに山田五郎は箱根湯本の歴史などを語った。

 

——————————————————————————– 

15位 0泊2食
 
15位:0泊2食。「湯本富士屋ホテル」では1名14000円から0泊2食が楽しめる。「箱根 花紋」では12時から23時まで滞在することができる。週末のロマンスカーの終電は22時7分で夜までたっぷり楽しめる。
 

【湯本富士屋ホテル】
日~木曜限定で0泊2食プランを実施。部屋はチェックインの12時から21時まで利用可能。ランチはホテル内でいただく豪華ブッフェ。ディナーは豪華なフレンチ。温泉は広い内湯と露天風呂を何度でも楽しめる。
住所: 神奈川県箱根町湯本256-1
TEL: 0460-85-6111

【箱根 花紋】
0泊2食プランを用意している宿。昼の12時から23時まで滞在することができる。ランチは昼懐石。温泉は10種類の湯殿が楽しめる。そして、夕食には再び豪華な懐石が登場する。
住所: 神奈川県箱根町湯本435
TEL: 0460-85-5050

——————————————————————————– 
 
 
14位箱根温泉発祥の地
 
14位:箱根温泉発祥の地。「湯本熊野神社」は熊野権現と慕われる温泉の神様として崇められてきた。社の下にあるのが箱根における最初の源泉だという。
 
 
【湯本熊野神社】
湯屋権現と呼ばれ慕われる、温泉の神様が祀られている。
住所: 神奈川県箱根町湯本614
 
 
——————————————————————————-

 

13位 温泉マッサージ
 
13位:温泉マッサージ。井ノ原は「箱根パークス吉野」を訪れマッサージを堪能した。マッサージ指圧師歴55年の三堀幸子さんは箱根鍼灸・マッサージ師会の会長も務めており国家資格も取得している。施術を受けた井ノ原は「自分が低反発枕になったみたいな感じ」とコメント。薬丸から「楽なロケだったね」とツッコまれた。
 
【箱根パークス吉野】
須雲川に面した爽快な露天風呂とペーハー8.7の美肌の湯が自慢の宿。こちらには、箱根の鍼灸マッサージ師会の会長で、この道55年の三堀さんが勤める。
住所: 神奈川県箱根町湯本茶屋139-5
TEL: 0460-85-8111
 

————————————————————————

12位 ちもと
 
12位:ちもと。お土産の定番のお菓子「湯もち」を紹介した。

出典:食べログ ←  
クリックすると店舗詳細が確認できます。
予約・
お問い合わせ

0460-85-5632

予約可否

予約可

住所

神奈川県足柄下郡箱根町湯本690

交通手段

箱根湯本駅 徒歩5分

箱根湯本駅から324m

営業時間

9:00~17:00

 
 

——————————————————————————– 

11位 豆腐処 萩野
 
11位:豆腐処 萩野。創業以来200年以上、5代続く老舗。国産の大豆、天然のにがりで作る豆腐は毎朝旅館や飲食店に配達される。豆腐と山芋料理の名店「知客茶屋」は昭和13年に旅館として創業以来80年間、萩野の豆腐を使い続けているという。
 
出典:食べログ ←  
クリックすると店舗詳細が確認できます。
予約・
お問い合わせ

0460-85-5271

予約可否  
住所

神奈川県足柄下郡箱根町湯本607

交通手段

箱根登山鉄道箱根湯本駅より滝通り温泉郷へ徒歩6分

箱根湯本駅から449m

営業時間

【営業時間】
8時~18時

日曜営業

定休日

水曜日

 

Sponsord Links

 
 
   

——————————————————————————– 

箱根湯本物語

江戸時代、箱根七湯に数えられた箱根最古の温泉湯本。奈良時代に天然痘を鎮める為に浄定坊が祈祷すると山が裂け温泉が湧き病を癒す薬として使われたと伝えられている。後に将軍家の献上湯となり江戸庶民に知られるようになる。江戸後期、旅人は宿場町にしか泊まれなかったが、湯本に限り一夜湯治も認められた。明治時代には馬車鉄道も整備され政財界の大物が羽を休める御用地として発展した。

箱根湯本クイズ

Q.箱根湯本で1番最初に通った鉄道は?という問題が出題。正解者の中から1組2名様に「天成園の宿泊券」をプレゼント。

都心からすぐ行ける!箱根湯本 BEST20

原晋は「豆腐を学生にも食べさせることがある、疲労骨折の予防にも食べる」と明かした。さらに「ちもと」の湯もちなどを紹介した。

——————————————————————————– 

 
10位 箱根旧街道
 
10位:箱根旧街道。三枚橋を渡り、旧東海道を峠の方向へ1.5km行くと江戸時代の石畳の道をみることができる。旧街道に構える「箱根観音 福寿院」には“光明消災燈”があり、願い事を書き観音様に祀れば1年間祈祷してもらえる。
 
 
【箱根観音 福寿院】
箱根旧街道沿いにある曹洞宗のお寺。本堂には、台湾の姉妹寺院から贈られた「光明消災燈」も安置。願い事を書いて、中の観音様に祀れば、1年間祈祷してもらえる。
住所: 神奈川県箱根町湯本茶屋182
TEL: 0460-85-5991
 

——————————————————————————– 

9位 蕎麦の名店
 
9位:蕎麦の名店。「はつ花本店」や「山そば」などを紹介。さらに今話題となっている「手打ち蕎麦 彦」の名物「鴨汁蕎麦 彦」を紹介した。また「じねん蕎麦 すくも」では箱根唯一の飲泉を使い蕎麦を打っており「胡桃だれそば」がオススメ。

【手打ち蕎麦 彦】
今、湯本で話題の蕎麦屋さん。名物は自家製粉した挽きぐるみの蕎麦と風味豊かな鴨汁。
住所: 神奈川県箱根町湯本茶屋183-1
TEL: 0460-85-3939

【じねん蕎麦 すくも】
逗留湯治で知られる天山湯治郷に構える蕎麦の有名店。こちらで湧く温泉は、箱根唯一の飲泉。蕎麦はその水を使い打っている。ペーハー9.3の柔らかい温泉水。それが蕎麦の香りをよく立たせ、コシを出すという。
住所: 神奈川県箱根町湯本茶屋208
TEL: 0460-86-4126

 
 

——————————————————————————– 

8位  静寂の宿
 
8位:静寂の宿。昭和初期に建てられた「山家荘」は北大路魯山人とゆかりのあるお茶屋だった。現在は離れが全5室あり1泊2食付きで1名、27150円から。開業から半世紀を迎える「玉庭」は珠玉の日本庭園を誇る名宿。女将・吉田幸恵さんが、小田原「丸う田代」のかまぼこを紹介した。
 
 
【山家荘】
茅葺き屋根の旅館。昭和初期に建てられた建物は、北大路魯山人とゆかりのあるお茶屋だった。現在は離れの宿で、全5室。
住所: 神奈川県箱根町湯本592
TEL: 0460-85-5355

【玉庭】
開業から半世紀を迎える宿。その名の通り、珠玉の日本庭園を誇る名宿。部屋は庭を囲むように配置され、8室全てが庭園ビュー。大浴場とは別に各部屋にもお風呂付き。温泉も静かな時間も満喫できる。
住所: 神奈川県箱根町湯本501
TEL: 0460-85-8501

 
出典:食べログ ←  
クリックすると店舗詳細が確認できます。
 
 

——————————————————————————– 

7位  箱根湯本芸者
 
7位:箱根湯本芸者。湯本見番には芸者さんが約150名所属。毎年30人の新人が入り福利厚生が充実していることが人気。
 
 
【湯本見番】
温泉地としては日本最大規模の150名もの芸者さんが所属している。人気の理由が福利厚生の充実。着物の貸与に寮の完備など。さらには、年1回の慰安旅行もある。
住所: 神奈川県箱根町湯本694
TEL: 0460-85-5338
 
——————————————————————————–
 
 
6位 大型ホテル
 
6位:大型ホテル。「ホテル おかだ」は客室数122、最大収容450名の会議室も完備している。主な用途はリゾートミーティングで、この日はとある企業な年に1度の戦略会議を行っていた。幹事の岸山毅さんは「会議で協議をする事と、その後懇親会と温泉で意見交換を深める事はすごく価値のあることだと思う」と語った。
 
 
【ホテルおかだ】
湯本で最大規模を誇る宿。客室数は122。最大450名を収容できる、巨大な会議室も備えている。
住所: 神奈川県箱根町湯本茶屋191
TEL: 0460-85-6000
 

Sponsord Links

 

 
 

——————————————————————————– 

都心からすぐ行ける!箱根湯本 BEST10
 

天野ひろゆきは若手の頃に相方と2人で温泉に行ったことを明かし、ウド鈴木が布団がくっつけてきたエピソードを話した。原晋は三枚橋の近くに監督車の待機場所があることを明かした。

——————————————————————————– 

5位 箱根駅伝
 
5位:箱根駅伝。函嶺洞門が駅伝の名所の1つだった。昭和6年に落石を防ぐ目的で作られたが4年前に老朽化の為に閉鎖された。大会当日には箱根観光物産館前にはマーチングバンドが登場する。“マーチングバンド箱根21”の団員を紹介した。
 

——————————————————————————– 

 
4位 箱根ろくろ細工 & 箱根寄木細工
 
4位:箱根ろくろ細工&箱根寄木細工。箱根のろくろ細工の七福神は明治の頃にロシアに渡りマトリョーシカのルーツになったと言われている。「本間寄木美術館」の館長・本間さんは16歳で父に弟子入りし70年の寄木細工にささげてきた。美術館には寄木コレクションと自身の作品を展示している。
 
 
【箱根ろくろ細工 田中】
箱根ろくろ細工の継承者、伝統工芸木地師、田中一幸さんの工房。ろくろ細工の発祥は滋賀。江戸時代にこの地に伝わったとされ、箱根町のろくろ細工の工房は、今ではこちらの1軒のみ。
住所: 神奈川県箱根町湯本7
TEL: 0460-85-5084

【本間寄木美術館】
館長の本間 昇さんは寄木細工の巨匠。70年を寄木細工に捧げてきた、その集大成ともいえるのがこちらの美術館。世界中から集めた寄木のコレクションとご自身の作品を展示している。
住所: 神奈川県箱根町湯本84
TEL: 0460-85-5646

 

——————————————————————————– 

3位早雲寺
 
3位:早雲寺。1521年創建、北条家の菩提寺。小田原征伐の際に豊臣秀吉は早雲寺に陣を敷き石垣山一夜城の築城に着手したとされている。早雲寺には秀吉が一夜城に持ち込んだ鐘が残されている。
 

——————————————————————————- 

2位 箱根湯本駅前商店街
 
2位:箱根湯本駅前商店街。「丸嶋本店」の温泉まんじゅうは薄皮の中にこしあんが詰まっている。さらに揚げかまぼこの「籠屋清次郎」や、極上干物の炭火焼き店「喜之助」などを紹介した。
 
 
【丸嶋本店】
100年以上愛されてきた元祖箱根温泉まんじゅうが名物のお店。薄皮の中にこしあんがギッシリ入っている。
住所: 神奈川県箱根町湯本706
TEL: 0460-85-5031

【籠屋清次郎】
小田原の老舗「籠清」の蒲鉾を販売するお店。串に刺した揚げたての蒲鉾が散策のお供に人気。
住所: 神奈川県箱根町湯本702
TEL: 0460-83-8411

【喜之助】
駅前の干物屋さんがオープンさせた炭火焼き和食のお店。備長炭で焼くのは、手作りにこだわる相模湾で獲れた上物の干物。夜もいただける干物の定食は旨味も食べ応えも満点。
住所: 神奈川県箱根町湯本703-19
TEL: 0460-83-8838

 
 

——————————————————————————– 

1位 老舗旅館
 
1位 老舗旅館。「吉池旅館」は三菱財閥2代目の別邸跡に建てられた。「萬翠楼福住」は明治時代に木戸孝允や伊藤博文を始め多くの要人に愛され、現在は国の重要文化財に指定されている。今回は特別に横穴式源泉を公開した。
 
 
【萬寿福旅館】
破風屋根が特徴的な木造3階建ての老舗宿。昭和2年創業。
住所: 神奈川県箱根町湯本638
TEL: 0460-85-5368

【吉池旅館】
三菱財閥の2代目、岩崎彌之助の別邸跡に建てられた名旅館。
住所: 神奈川県箱根町湯本597
TEL: 0460-85-5711

【萬翠楼 福住】
明治時代、木戸孝允や伊藤博文をはじめ、多くの要人に愛された老舗旅館。その建物は温泉旅館で唯一、国の重要文化財に指定されている。
住所: 神奈川県箱根町湯本643
TEL: 0460-85-5531

 
 
——————————————————————————–  

 

都心からすぐ行ける!箱根湯本 BEST5

原晋は両親を吉池旅館に招待し出費したエピソードを話した。

次回も楽しみですね♪    

後記:コチラの情報は放送当時のものとなります。

※料理の値段は時期や天候などによって変動する可能性があります。
※品切れの場合もございますご了承ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シューイチで紹介されたお店・レストラン・飲食店・グルメ情報7月31日放送