burabura

出典:フジテレビ

ぶらぶらサタデー有吉くんの正直さんぽ「下町風情残る鶯谷▽1人3万円の超高級ランチ!」さんぽに出かけたのは有吉弘行 生野陽子 黒沢かずこ(森三中) 高田延彦 。今回はこの4人で街巡り!8月25日

2018年8月25日

出典:フジテレビ 土曜日 ぶらぶらサンデー

ゲスト:有吉弘行 生野陽子 黒沢かずこ(森三中) 高田延彦 
 MC:有吉弘行、生野陽子

 

*テレビを見て行ってみたいと思った貴方のために紹介されたお店の情報(連絡先・定休日のお休み・営業時間・メニュー・地図・予約・カード使用)をご案内します。 
 

Sponsord Links

 

今日は東京鶯谷で正岡子規が住んでいた家や都内に2つしか残っていないダンスホール、食通たちに愛される路地裏の名店などを紹介すると伝えられた。
 
 
有吉くんの正直さんぽ
 
鶯谷を正直に散歩しよう

今日は台東区鶯谷。ゲストの高田さんと合流し、根岸の里とも言われる多くの作家が居を構えた文人の街を歩くと伝えられた。

毎朝 手つきする 極上餅! お餅専門店 鶯谷「月光」

鶯谷は江戸時代ウグイスの名所だったという。張り紙を見て月光という店に入る。餅は毎朝手作りでついているという。手でつくことで機械では出せない均等な柔らかさを出せるという。14年前飲食経験のなかった主人が最初から最後まで自分で供する店を作りたいと思い、仕込みから提供まで一人でやっているのこと。月光ぜんざい、どんぶり餅、冷やししるこを注文した。もち米は青森・五所川原のあかりもちを使用しているという。

もち米には一晩水を吸わせ、蒸した後300回ついて作っているという。

一番人気はどんぶりもちであると語られ、月光の営業時間が告知された。

支払いを済ませて店を後にした。

 

 
出典:食べログ  ← 
クリックすると詳細が確認できます。

予約・
お問い合わせ

03-5849-4569

予約可否 
住所

東京都台東区根岸3-7-18 エルアルカサル鶯谷 1F

このお店は「荒川区南千住1-22-7」から移転しています。
※移転前の情報は最新のものとは異なります。

移転前の店舗情報を見る

交通手段

JR山手線・京浜東北線 鶯谷駅より徒歩4分
東京メトロ日比谷線 入谷駅より徒歩5分

鶯谷駅から194m

営業時間

【平日】12:00~19:30(L.O.19:00) 
【土日祝】12:00~19:00(L.O.18:30)  

日曜営業

定休日

水曜日

冷ししるこ          ¥650 ※夏季限定
どんぶりもち 小(餅3個入り) ¥820
田舎汁            ¥250
月光ぜんざい         ¥950

 
 

Sponsord Links

 

正岡子規 終焉の間 鶯谷「子規庵」
 
【住所】
東京都台東区根岸2-5-11
【電話番号】
03-3876-8218
【営業時間】
10:30~12:00(受付11時40分迄)
13:00~16:00(受付15時40分迄)
【定休日】
月曜日(祝日の場合は、翌日休み)
※8/31まで夏期休庵になります・12、1月は冬季休庵期間あり
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「鶯谷駅」より徒歩5分
【URL】
http://www.shikian.or.jp/
【商品】
入庵料 ¥500 ※中学生以下無料
 
 

黒沢かずこさんと合流すると、続いてやってきたのは「子規庵」で、ここは正岡子規のゆかりの場所となっていて、愛媛県からやってきた正岡子規が26歳から34歳で亡くなるまでの8年7か月間を過ごした場所となっていて、普段から仕事もここで行っていた。また、髪があるときの写真も紹介されていて、小峠英二さんみたいな顔になっていた。

続いて向かったのは鶯谷で、正岡子規は終焉の間では左足を立てて座っていたのだといい、「柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺」の掛け軸もあった。正岡子規は短い生涯のなかで2万を超える俳句を残したと言われているが、病に冒されても亡くなる前日まで俳句を残していて、死の直前には「糸瓜咲て 痰のつまりし 仏かな」と歌い、庭に元気に咲くヘチマと自分を対比していた。そして、子規庵では俳句を掲載してもらうこともできるのだった。

 
都内に2つだけの現役ダンスホール 鶯谷「ダンスホール新世紀」

続いて向かったのは「ダンスホール新世紀」で、昭和44年に創業すると、昭和初期には紳士淑女の社交場として全国に数多くあったものの、現在は都内に2か所のみとなってしまったが、ここは人気映画「Shall we ダンス?」の舞台のモデルとなっているのだという。

鶯谷の「ダンスホール新世紀」にやってきた。

【住所】
東京都台東区根岸1-1-14
【電話番号】
03-3874-7984
【営業時間】
10:00~22:00(祝日除く月曜日のみ12:00~20:00)
【定休日】
なし
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「鶯谷駅」より徒歩1分
【URL】
http://bossiweb.com/shinseiki/
【商品】
入館料 ¥1,000~

多いときには300人以上のお客さんで溢れる。生バンドの演奏がある。先生に、ダンスを教えてもらう黒沢さんと有吉さん。曲と合わせて踊る。ダンスホール新世紀は、鶯谷駅から徒歩1分。最高だったと有吉さんがいう。

夏休みにまだ間に合うオススメスポット! 上野公園 国立科学博物館 特別展「昆虫」
 
【住所】
東京都台東区上野公園7-20 国立科学博物館
【電話番号】
03-5777-8600
【営業時間】
9:00~17:00
<金・土>
9:00~20:00 ※入場は閉館の30分前まで
【休館日】
9月3日、9月10日、9月18日、9月25日
【アクセス】
JR上野駅 徒歩5分
【URL】
http://www.konchuten.jp/
【商品】
入館料
一般・大学生  ¥1,600
小・中・高校生 ¥600
 

鉄橋を渡る一行。電車を眺める。上野公園まで近いと言いながら歩く一行。今日は昆虫を見るという。国立科学博物館 特別展「昆虫」に立ち寄る一行。驚きの昆虫が続々登場。

国立科学博物館では「特別展 昆虫」が開催されているが、ここでは昆虫の生態を展示や演出で紹介していて、プロジェクションマッピングを活用した仕掛けも多くあるが、一行がびっくりしたのは200倍の大きさで展示されたニホンミツバチなどの模型が展示されていた。野村さんは昆虫を巨大にした理由を聞かれると、近付いてもらいたいためだと話していて、ミツバチの毛には感覚をつかさどることだけでなく、体温を保温する効果もあるのだという。黒沢さんは約240倍のヒトスジシマカとともに写真を撮っていて、全体がウロコ状の白いものに囲われていた。また、ブラジルに住んでいるチョウ・タイヨウモルフォも展示されていたが、有吉くんは玄関にチョウが集まるのが怖かったのだという。

続いて、Gの部屋と書かれた場所に恐る恐る入っていくと、背中に?が書かれているというものなどが展示されていて、興味津々に見ていた。また、マルヨツコブツノゼミは名前にはセミと付いているが、セミではなく「ツノゼミ」という昆虫の一種となっていて、なぜ角があるのかは未だに解明されていない。つづいて昆虫標本が3万にもわたって並べられている標本回廊を回っていた。さらに香川照之さんが考案したコーナーや、新種も展示されている。

 

Sponsord Links

 
 
街の人に愛されるシンボル 鶯谷「御行の松不動尊」
 
【住所】
東京都台東区根岸4-9-5
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「鶯谷駅」より徒歩10分
 
 
 

鶯谷に戻ると「御行の松不動尊」と書かれたのぼりを発見した。ここではもともと「御行の松」という江戸時代に350年生きた松が植えられていて、寛永寺の輪王寺宮がこの場所で修行をしていたことからこの名前がついていて、当時は13mという大きさになっていて、江戸名所図会や歌川広重の錦絵にも描かれていて、正岡子規も句を読んでいる。昭和3年に枯れてしまったものの、現在は4代目の御行の松が植えられている。

 

竹隆庵 岡埜

続いて一行は大福の看板を見つけるとその中に入っていった。様々なお菓子がある中で有吉くんは「波まくら」を選んでいて、抹茶のどら焼きでこし餡を包んでいた。高田さんは名物の「こごめ大福」を食べていたが、こちらは粒感をのこしたあんを包んでいて、塩味が美味しさを引き出していた。

【住所】
東京都根岸4-7-2
【電話番号】
03-3873-4617
【営業時間】
<平日>
9:45~19:00
<日・祝>
9:45~18:00
【定休日】
水曜
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「鶯谷駅」より徒歩9分
【URL】
http://www.chikuryuan-okano.com/
【商品】
波まくら(お行の松) ¥205
こごめ大福      ¥248

 

 

ビートルズも着ていた半纏! 鶯谷「藍染 海老屋」
 
海老屋
【住所】
東京都台東区根岸4-6-3
【電話番号】
03-3873-1587
【営業時間】
9:00~18:00
【定休日】
日曜・祝日
【アクセス】
JR山手線・京浜東北線「鶯谷駅」より徒歩9分
 

「海老屋」は明治34年創業の藍染屋。ビートルズが初来日したときに着ていたのが海老屋の半纏。東京の藍染屋は現在では数件だけになってしまった。4代目の林さんは藍染文化を残すべく、昔ながらの手法にこだわっている。一行は半纏を試着させてもらった。

藍染の方法を見学した。藍染は植物の藍を染料として用いた染め物。発酵させた藍の葉を粉砕し、アルカリ性の水に溶かして作った液体に布を浸ける。アルカリ性の色素を大気中の酸素と反応させ、藍染の色を出す。液体は長年継ぎ足しで使われているという。4、5回繰り返しながら藍色に染めていく。

 

 

2年ぶりに高田ノーズ発動! 裏路地の名店を探し出せるのか?

2年ぶりの高田嗅覚が発動。一行は高田さんに連れられ裏路地を進んだ結果、元の場所に戻ってきた。

 
高田ノーズで発見! 鶯谷「ステーキ懐石 定谷」
 

鶯谷を散歩しながら、「ステーキ懐石 定谷」にやってきた。

高田さんが、みんなを案内する。そして到着した。路地裏の店だ。高倉健さんもやってきたという。特別なランチをいただくことに。知る人ぞ知る名店だ。店主は大ベテランだとのこと。通常は予約が必要だ。

ステーキ懐石 定谷

出典:食べログ  ← 
クリックすると詳細が確認できます。

予約・
お問い合わせ

050-5868-6494

予約可否

完全予約制

住所

東京都台東区根岸4-3-2

交通手段

鶯谷駅より徒歩8分
入谷駅より徒歩5分

入谷駅から458m

営業時間

月~土
ランチ平日(月〜金)11:00〜14:00
(※ランチは必ず前日までにご予約ください。仕入れの都合上当日のご予約は不可。お支払いは現金のみ)

月~土
ディナー17:00〜22:00(L.O21:00)
日・祝、祭日
11:00~21:00(L.O20:00)

※仕入れの都合上、前日までにご予約ください。

日曜営業

定休日

不定休(祝、祭日は通常営業)

 

 

食通が足繁く通う裏路地の名店 鶯谷「ステーキ懐石 定谷」
 
 

台東区鶯谷の「定谷」でステーキ懐石を味わう。

松茸と牛肉のすき焼きは初物の松茸と鹿児島県産A5ランクのサーロインを合わせてすき焼き仕立てにした。タラバガニのクリームコロッケはカニがみっしり詰まっている。

鹿児島県産の和牛ステーキはシャトーブリアンを使用、40分かけて火をいれ旨味を全体に行き渡らせている。締めのアワビの焼き飯は贅沢な味わいとの事。

後記:コチラの情報は放送当時のものとなります。情報が変更されている場合がありますので予めご了承下さい。

※料理の値段は時期や天候などによって変動する可能性があります。
※品切れの場合もございますご了承ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年6月10日放送分「着こなしガールズコレクション」はコチラ

2016年6月7日放送分「格安コーデバトル」はコチラ

2016年6月2日放送分「最新コーデでタンスの肥やしが生きかえる」はコチラ

2016年5月31日放送分「格安コーデバトル」はコチラ

2016年5月12日放送分「最新コーデでタンスの肥やしが生きかえる」はコチラ

2016年5月10日放送分「格安コーデバトル」はコチラ

2016年4月28日放送分「東京オシャレ探し」はコチラ

2016年4月22日放送分「着こなしガールズコレクション」はコチラ

2016年4月21日放送分「最新コーデでタンスの肥やしが生きかえる」はコチラ

2016年4月15日放送分「着こなしガールズコレクション」はコチラ

2016年4月14日放送分「東京オシャレ探し」はコチラ

2016年4月12日放送分「格安コーデバトル」はコチラ

2016年4月7日放送分「東京オシャレ探し」はコチラ

2016年4月5日放送分「格安コーデバトル」はコチラ