アド街

出典:テレビ東京

出没!アド街ック天国(7月7日)土曜日。栃木市BEST20!街で愛されているお店の店舗情報・人気のメニュー・テレビグルメ情報&人気スポット情報をまとめました。

2018年7月7日

出典:テレビ東京放送 毎土曜日 出没!アド街ック天国 
出演者:薬丸裕英 峰竜太 須黒清華 山田五郎 井ノ原快彦 西川史子 篠山輝信 原晋 

 

 

栃木市ベスト20

今回の舞台は下野の“小江戸”と呼ばれる栃木市。
 
 
*テレビを見て行ってみたいと思った貴方のために紹介されたお店・人気スポットの情報(連絡先・定休日のお休み・営業時間・メニュー・地図)をご案内します。
 

Sponsord Links

 

 

 

20位 小江戸で小京都
 
20位は、「小江戸で小京都」。江戸との交易に使われた巴波川があることで、栃木市は商都として発展。そのため蔵の町並みや、とちぎ秋まつりのような山車祭りがあり、栃木市は江戸の町との共通項から小江戸とキャッチコピーを打った。同じく“小江戸”を謳う川越市や香取市・佐原と共に、毎年サミットも開催し、全国にアピールしている。さらに、栃木市は「小京都」の称号も得ているという。
 
——————————————————————————–
 
19位 古民家でコーヒー
 
19位は「古民家でコーヒー」。大通りに構える国指定登録有形文化財の建物は、煙草卸売商を営んでいた店舗で、現在は「Perler tochigi」として人気となっている。近年、栃木では若い世代が古い建物に新たな魅力を吹き込んでいる。2017年にオープンしたコーヒースタンド「悟理道珈琲工房」は、荒物問屋だった築80年以上の建物だという。



【Parlour tochigi】
かつてタバコ商だった関根家の住宅店舗は国指定登録有形文化財。現在は東京で建築の仕事をしていた主人が地元に戻り、平成28年にオープンした人気のカフェ。
住所: 栃木県栃木市倭町11-4
TEL: 0282-25-7700

【悟理道珈琲工房】
平成29年オープン。築80年以上の建物はもともと荒物問屋。店に流れる癒しのムードと、自家焙煎したこだわりのコーヒーが街の人たちに好評。
住所: 栃木県栃木市万町9-32
TEL: 0282-51-9186

Sponsord Links

 

 

——————————————————————————–

 

18位 巴波川沿いの人気店
 
18位は「巴波川沿いの人気店」。半世紀続く和菓子店「菊屋」の「どら焼き あんバター」、「茶房 蔵や」の「白玉グリーンティパフェ」を紹介。「理容 松本床屋」では、足元の窓から巴波川を眺めながら散髪できるという。
 
 
 
【菊家】
和菓子の有名店。銅板で手焼きする「どら焼き」が人気。中でも、ふっくら、しっとりとした皮に合う「あんバター」は散策途中に食べたい名物。
住所: 栃木県栃木市湊町2-13
TEL: 0282-23-5652

【茶房蔵や】
甘味の人気店。テラス席は川のせせらぎが心地良い特等席。おすすめは抹茶パフェ。
住所: 栃木県栃木市万町2-7
TEL: 0282-22-7874

【理容松本床屋】
創業明治8年の理髪店。御年85歳の現役主人の自慢は、昭和初期から鏡の下にある足もとの窓。お客さんは川を眺めながら散髪してもらえる。
住所: 栃木県栃木市入舟町1-1
TEL: 0282-22-4049

 
 
 

——————————————————————————– 

 

17位 五十畑荒物店
 
17位は、1923年(大正12年)創業の「五十畑荒物店」。店内には、今ではあまり見かけないものも並んでいる。一番古い商品は、わら帽子だという。
 
 
住所: 栃木県栃木市倭町11-4
TEL: 0282-22-0716
 


 

——————————————————————————– 

 
16位  山田屋
 
16位は「山田屋」。80年以上続く氷問屋で、毎年春~夏にかけて秩父の天然水で作るかき氷を販売している。このかき氷はテイクアウトする人も多く、すばやく蓋を閉めただけで保冷剤がなくても溶けないという。車で約40分の鹿沼市の家に届ける男性に密着したところ、本当にほとんど溶けていなかった。
 
住所: 栃木県栃木市神田町1-11
TEL: 0282-22-0784
 
 
——————————————————————————– 

 

小江戸で小京都 栃木市 BEST20

スタジオ出演者が「栃木市といえばこれ」というものを発表。峰竜太は「これからの街づくり」を挙げ、「古いものをいかに利用するか。電線を一部地中化し、コンビニも大人しい色にしている」と語った。栃木市出身のプロレスラー川田利明は「サンプラザボウル」を挙げ、食堂でガッツ石松に遭遇し、サインをもらった思い出を語った。姉の江里子が宇都宮市出身の阿佐ヶ谷姉妹は「レトロ&アットホーム」を挙げた。とちぎ未来大使のU字工事は「國學院大學栃木高等学校」を挙げ、出身者にはラグビー日本代表の田村優や、渡辺俊介コーチ兼投手などがいると紹介。さらに、「 幸楽」の“ぶーにゃん”こと店主・石川達也さんも出身者と紹介して笑いを誘った。薬丸裕英は「油伝味噌」の「田楽盛合せ」を紹介した。街に詳しい山田五郎は「実は栃木市ふるさと大使」と明かし、「ちょうど良い感じでのんびりできるから、あまり宣伝したくない」と語った。

栃木市物語

巴波川の舟運で栄えた栃木は、かつては北関東屈指の商都だった。そして明治6年になると宇都宮県と栃木県が統合し、現在の栃木県が誕生。当初は栃木町(現栃木市)に県庁が置かれたが、明治17年に県庁が宇都宮に移転し、翌年には鉄道も通り、発展を遂げた。一方、都市化が進まなくなった栃木市だったが、そのおかげで昔ながらの蔵の町並みが残り、平成24年には国の重伝建地区に選定され、再び人を呼んでいる。

 

——————————————————————————– 

 

15位 県庁堀
 
 
15位は「県庁堀」。大正10年築の旧栃木町役場庁舎を囲むようにある堀は、巴波川へとつながっていて、役場に舟で着けるよう整備されたものだという。
 
 
住所: 栃木県栃木市入舟町7-31
TEL:0282-21-2373(栃木市観光振興課)
0282-25-2356(栃木市観光協会)
 
 
——————————————————————————–  
 
14位冨士屋
 
14位は、代々当主のみが作ることを許される「あんこ」が命の和菓子店「冨士屋」。夏の時期は、こしあんを使った「こしあん入りソフトクリーム」や、つぶあんを添えた「小倉ソフト」を販売する。さらに、街で長年愛されてきた「小倉アイス」は、昭和30年代製のアイスクリーマーで作られているという。
 
 
 
住所: 栃木県栃木市倭町10-4
TEL: 0282-24-7070
 
 
 
 
——————————————————————————-  

 

13位  東武百貨店&栃木市役所
 
13位は「東武百貨店&栃木市役所」。2011年に閉店したローカル百貨店「福田屋」の跡地に2014年、東武百貨店がオープン。この百貨店の一角には市役所への入り口があり、2~5階は栃木市役所の庁舎になっている。市役所には食堂がないため、職員はフードコートを食堂代わりに使用しているという。フードコート横にある「POMPADOUR 栃木店」では、栃木県限定の「いもフライぱん」を販売している。山田五郎は「中心市街地の過疎化で駅前デパートが空き物件になっているところがたくさんある。その活かし方として1つのアイデア」と語った。
 

【東武宇都宮百貨店栃木市役所店】
平成26年オープン。全国的人気ブランドが揃い、街の新たな人気スポットとなっている。
住所: 栃木県栃木市万町9-25
TEL: 0282-24-2211

【栃木市役所】
2階から5階は栃木市役所の庁舎として稼働中。
住所: 栃木県栃木市万町9-25
TEL: 0282-22-3535(代)

【Kitchenたか 栃木店】
昼休みになると、市役所には食堂がないため、職員の方々はフードコートを食堂代わりに利用している。
住所: 栃木県栃木市万町9-25 東武宇都宮百貨店 栃木市役所店フードコート
TEL: 0282-24-1129

【POMPADOUR 栃木店】
フードコートの横にあるベーカリー。栃木県限定商品として「いもフライぱん」を販売中。ジャガイモをパン生地で包み串に刺して揚げている。栃木県民のローカルフードの進化版。
住所: 栃木県栃木市万町9-25 東武宇都宮百貨店 栃木市役所店1階
TEL: 0282-21-8512


————————————————————————

12位 もめん弥本店
 
12位は全国54店舗を展開する「もめん弥 本店」。おかきブランド「がんこ職人」を販売している。
  
 
住所: 栃木県栃木市倭町2-18
TEL: 0282-22-7400 

——————————————————————————– 

11位 じゃがいも入り焼きそば
 
11位は「じゃがいも入り焼きそば」。栃木市のご当地B級フード「栃木焼きそば」は、ソース焼きそばにじゃがいもを入れたもの。名物店「大豆生田商店」では、「じゃがいも入りやきそば」と「いもフライ」を販売。いもフライのソースは甘いフルーツソースと甘酸っぱい蔵の街ソースの2種類から選択できるという。

【小江戸そば 好古壱番館】
大正12年に建てられた洋館を利用した食事処。手打ちそばの他、とちぎ江戸料理メニュー「ごぼう餅」等をいただける。
住所: 栃木県栃木市万町4-2
TEL: 0282-24-1188

【ふくや食堂】
夕顔の実の粉を練りこんだやわらかいのど越しが自慢の夕顔ラーメンも人気の中華料理店。
住所: 栃木県栃木市旭町25-3
TEL: 0282-22-3887

【大豆生田商店】
県道沿いに構える名物店。こちらでは焼きそばの前に「いもフライ」を食べるのが定番。ひと串にジャガイモは2個分で甘いソースと、甘酸っぱいソース2種類からセレクト可能。地元の人はじゃがいも入り焼きそばをどっさりテイクアウトしてホームパーティーも開催している。
住所: 栃木県栃木市薗部町2-19-32
TEL: 0282-22-3796

 

Sponsord Links

 
 
   

——————————————————————————– 

小江戸で小京都 栃木市 BEST20

栃木市出身の川田は「(焼きそばには)じゃがいも入りが普通と思っていた」と語る。井ノ原快彦は「焼きそばの持ち上げカットは僕がやった」と明かした。

——————————————————————————– 

 
10位 かな半旅館
 
10位は、創業約240年の「かな半旅館」。地元食材を使った料理の中でも、名物は「モロ」。モウカザメ(ネズミザメ)のことで、日持ちするため、海なし県の栃木では古くから食べられてきたという。
 
 
住所: 栃木県栃木市万町5-2
TEL: 0282-22-0108
 

——————————————————————————– 

9位 釜屋
 
栃木市 BEST20の9位は、釜屋。圧巻は、店内から望める約600坪の池。鰻は身が柔らかい若いものにこだわり、キリッとした辛めのタレで焼き上げる。渡辺江里子はALWAYSカマヤという釜屋の系列店があり、この建物がALWAYS 3丁目の夕日で使われたという。
出典:食べログ ←  
クリックすると店舗詳細が確認できます。

予約・
お問い合わせ

0282-23-1832

予約可否

予約可

住所

栃木県栃木市城内町2-32-4

交通手段

JR・東武栃木駅より車で5分

栃木駅から973m

営業時間

昼11:30~14:00(L.O)

夜17:30~20:00(L.O)
営業時間が変わることもございます。お問い合わせください。

          

日曜営業

定休日

月曜日 都合により変わることもあるのでお問い合わせください。


 
 

——————————————————————————– 

 
 
8位  豪商・豪農の邸宅
 

栃木市 BEST20の8位は、豪商・豪農の邸宅。「横山郷土館」は麻問屋として反映した横山家の旧住宅を見学できる。横山家経営の個人銀行、栃木共立銀行 跡地もある。彼らの暮らしぶりを伝える。岡田記念館で見られる岡田邸は町を開梱した。特に22代当主の隠居部屋の翁島は必見。圧巻は、檜の一枚板で作られた廊下。

 
 
【横山郷土館】
麻問屋として富を成した横山氏は、同時に個人で銀行(栃木共立銀行)を営むほど大成功をおさめていた。
住所: 栃木県栃木市入舟町2-16
TEL: 0282-22-0159

【岡田記念館】
旧街道沿いに構える「岡田邸」は栃木を代表する名家。街を開墾し、商都栃木の礎を築いた。母屋もその離れも見学可能。特に、大正末期に建てられた隠居屋敷「翁島」は必見。「大正建築の集大成」と評される技が随所に光る。圧巻は長さ六間半、檜の一枚板を贅沢に配した廊下。一枚で当時の家が一軒建ったといわれる贅の極み。
住所: 栃木県栃木市嘉右衛門町1-12
TEL: 0282-22-0001

 

——————————————————————————– 

 

7位  油伝味噌
 
 
栃木市 BEST20の7位は、油伝味噌。8代目によって受け継がれる国産大豆の味噌は、 敷地内の食事処「田楽あぶでん」で気軽に頂くことができ、風情も味も歴史を感じることができる。
 
 
住所: 栃木県栃木市嘉右衛門町5-27
TEL: 0282-22-3251
 
 
——————————————————————————–  
 
 
6位 本社工場
 
栃木市 BEST20の6位は、本社工場。岩下食品は、2015年に岩下の新生姜ミュージアムをオープン。このミュージアムが年間来場者数約15万人で大人気。カフェ ニュージンジャーのピザの具は、岩下の新生姜が使われている。栃木の企業で外せないのが栃木乳業で、栃木名物のレモン牛乳の製造元。レモン牛乳がブレイクしたきっかけは、U字工事。2人が散々ネタにしたおかげで、他社とのコラボ商品が次々と誕生している。
 
 
【岩下の新生姜ミュージアム】
栃木市で創業し現在も本社を置く。平成27年に「岩下の新生姜ミュージアム」をオープン。新生姜をテーマにしたアミューズメントスポットが栃木県民に大人気。世界一大きな新生姜ヘッドで記念撮影したり、館内のカフェでは「岩下の新生姜」がメインの具というピザを楽しめる。
住所: 栃木県栃木市本町1-25
TEL: 0282-20-5533

【栃木乳業】
あのヒット商品「レモン牛乳」の製造元。全国で販売されるほどメジャーになったご当地ドリンク。大人気の工場見学で製造工程を学んだ後は敷地内の直売所へ。直売所価格で買えるためお得。
住所: 栃木県栃木市大平町川連432
TEL: 0282-24-8831

 
 

Sponsord Links

 

 
 

——————————————————————————– 

小江戸で小京都 栃木市 BEST10

U字工事は、栃木乳業のレモン牛乳をネタにしてひやひやしていたが、上手くいってありがたい、などと話した。

気にスポ
洋品・雑貨店の謎の人形!?

散策に人気の巴波川沿いを歩いていくと昭和の雰囲気満点のお店に出会った。洋服と雑貨のお店のようで店先には婦人者のバッグが並ぶ。このお店は80歳を超えた夫婦が切り盛りしている。小藤さんは、紙製の米袋で作品を作っていき、4日間かけてつくる渾身の作品が五重の塔。4日かけた大作を1000円で販売した。

小江戸で小京都 栃木市の気にスポ

栃木市出身のプロレスラー・川田利明は、あの折り紙を母親が家に作っていると語る。渡辺江里子は最近の唯一の楽しみがシャンシャンの成長を見守ること、だという。

 

——————————————————————————– 

 
5位 とちぎ秋まつり
 
栃木市 BEST20 5位は、とちぎ秋まつり。2年に一度開催され、山車9台が使われる。山車は明治の頃、この町の豪商たちが作らせたもので、1台の制作費は今の価値は2億円以上と言われる。今年11/9、11/10、11/11に開催予定。
 
11日(日)開催予定。
TEL: 0282-21-2373(栃木市観光振興課)
0282-25-2356(栃木市観光協会)

【とちぎ山車会館】
山車は明治期にこの街の豪商達が造らせたもの。一台の制作費は今の価値で2億円以上と言われる。ここには常時3台の山車が展示してある。
住所: 栃木県栃木市万町3-23
TEL: 0282-25-3100

【いとはん】
祭り話しで盛り上がる常連さんが集まる居酒屋。この店のご主人の齋藤さんは山車を先導する頭。山車巡行の責任者だけが羽織るのを許される鹿革半纏で、祭りに臨む。
住所: 栃木県栃木市倭町10-8
TEL: 0282-22-4088

 
 

——————————————————————————– 

 
4位  日光例幣使街道
  
栃木市 BEST20の4位は、日光例幣使街道。例幣使とは、京都の朝廷から日光東照宮へ幣束を奉納するために参向した勅使。この街道では、古い建物を利用したショップが増加し、栃木観光の最新スポットとなっている。スピレ フルリストは、栃木の名家・岡田家の蔵に今年オープンした花屋さん。都内の蔵では苺問屋 いちご屋が今年オープン。この街道が盛り上がりを見せるのが毎年5月に開かれるイベント「クラモノ。」。
 
 
【ヒト匙+】
平成25年オープン。全国の作家モノ、味のある生活雑貨のセレクトショップ。
住所: 栃木県栃木市嘉右衛門町4-3
TEL: 0282-51-2574

【Spirée fleuriste】
栃木の名家 岡田家の蔵に平成30年にオープンしたパリで修業した店主が営む花屋さん。蔵づくりの建物が醸し出す和の雰囲気とパリスタイルのデザインを融合させた花屋さん。
住所: 栃木県栃木市嘉右衛門町1-12
TEL: 0282-51-2042

【苺問屋いちご屋】
平成30年オープン。夏に美味しい品種「なつおとめ」を取り揃える。いちご問屋の直営店。「なつおとめ」と「とちおとめ」から作る自家製ジャムはいちご本来の味を生かし、酸味がつよめ。街のお土産として人気。
住所: 栃木県栃木市嘉右衛門町1-12
TEL: 0282-25-7808

 

——————————————————————————– 

Q.ロケで箸上げした料理は?

ここで部長クイズ。 今回部長がロケで箸上げした料理は?というクイズで3つのうち選択だと思う番号をダイヤルするようにと紹介された。正解者の中から5任意「苺問屋 いちご屋」のジャムセットをプレゼントする。

——————————————————————————– 

 

3位神明宮
 
栃木市 BEST20の3位は、神明宮。県名の由来になったと言われる栃木の総鎮守。一説には千木が10本会ったことから、十千木で栃木になったと言われる。
 
 
住所: 栃木県栃木市旭町26-3
TEL: 0282-24-4530
 
 

——————————————————————————- 

 

2位 蔵の街並み
 
栃木市 BEST20の2位は、蔵の街並み。栃木市には、多くの蔵が今も当時の姿を残している。その息吹を護る集団が、蔵改修のプロ集団、うだちの会。東日本大震災で甚大な被害を受けた茨城県桜川市真壁町の潮田家住宅の蔵の修復にも当たった。職人たちのプライドによってこの街の風情は守られていく。

【とちぎ蔵の街美術館】
約200年前に建てられた土蔵を改修し平成15年に開館した美術館。
住所: 栃木県栃木市万町3-23
TEL: 0282-20-8228

【うだちの会】
その街並みを守る集団「うだちの会」。工務店や設計士による蔵改修のスペシャリスト集団。県内に留まらず、他県の蔵の修復にもあたる。高度な技術と熱いプライドによって、この街の風情は守られている。

 

——————————————————————————– 

 

1位  巴波川
 
栃木市 BEST20の1位は、巴波川。この街の風情を最も楽しめるのが、遊覧船。栃木河岸船頭唄を船頭の中村明雄さんが歌うシーンが放送された。屋形船は貸し切り制で90分(6人乗り)で12000円。うずま川行灯まつりは8/31まで開催中。

【蔵の街遊覧船】
この街の風情を最も楽しめるのが乗船時間およそ20分の遊覧船。夏の夜は屋形船は貸切り制。食事や飲み物は持ち込み可能で、90分制で6人なら1人あたり2000円でさらに情緒を醸し出す。
住所: 栃木県栃木市倭町2-6
TEL: 0282-23-2003

 
——————————————————————————–  
 
 
小江戸で小京都 栃木市 BEST5

益子卓郎は、最近仕事でアマゾン川によく行くといい、そういう川を見てるので、巴波川はワニもいないし、転覆もしない、散弾銃で発泡されることもないので、最高の川だと思う、などとボケた。

 

 

次回も楽しみですね♪    

後記:コチラの情報は放送当時のものとなります。

※料理の値段は時期や天候などによって変動する可能性があります。
※品切れの場合もございますご了承ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シューイチで紹介されたお店・レストラン・飲食店・グルメ情報7月31日放送