途中下車の旅

出典:日本テレビ

ぶらり途中下車の旅(3月24日)土曜日、今週の旅人は金子昇さん!成田線で『しっとりしっかり!新食感の黒豆入り生カステラ▽江戸時代のレシピ!かみなりうどん▽飯ごうで巨大プリン▽インドネシアの人気料理▽さくら味の変わりピーナッツ▽古代蓮根』で紹介された人気スポット・沿線人気のお店をご紹介!TVで紹介されたお店に行って見たいと思った貴方の為に人気メニュー&店舗情報

2018年3月24日

出典:日本テレビ放送 土曜日  『ぶらり途中下車の旅

 
 

成田線の旅

 
 
 

ぶらり途中下車の旅で紹介されたお店・レストラン・飲食店・ランチ・グルメ情報

 
 

Sponsord Links

 

発見!満腹!大人だって春休み 成田線の旅
 
成田ゆめ牧場
 
最寄駅:滑河駅より無料送迎バスあり
所番地:千葉県成田市名木730
電話番号:0476-96-1001
特選情報[営業時間]
9:00~17:00
年中無休

[ホームページ]
http://www.yumebokujo.com/

 
 

きょうは千葉県成田市・成田ゆめ牧場からスタート。旅人の金子昇さんはすでに着いているといい、アトラクションのトロッコ列車に乗って登場した。名物の「飯ごうでDoプリン(どっぷりん)」は、キャンプ場で使うはんごうの中で作るプリンで、大きさは1.5リットル・約10人前。お皿に盛り付けてカラメルソースをかけていただいた。冷凍されたものをおみやげに買うこともできる。

 

成田ゆめ牧場は、広さ9万坪の体験型テーマパーク。牛・羊・ヤギとの触れ合い、乳しぼりやえさやりなどが楽しめる。

有坂農場
最寄駅
滑河駅より徒歩約50分
所番地
千葉県成田市野馬込267
電話番号
0476-96-0560

金子昇さんは牧場の送迎バスには乗らず、駅まで4、5キロの道を徒歩で駅へ。途中で畑の水の中で収穫をしている農家の人を見かけ、声をかけた。「古代れんこん」を育てており、普通のれんこんよりも甘みと歯ごたえがあるという。詳しく聞きたいというと、近くの作業場に父親がいると教えてくれた。

「有坂農場」の作業場に到着。お父さんに古代れんこんについて聞くと、土壌に貝の化石を使っており、ミネラル豊富な土で育てていると答えた。生で食べてもおいしいといい、試食させてもらった。奥さんがれんこんを揚げたチップ、生地にもれんこんの粉を使ったというクッキーを持ってきてくれた。

「有坂農場」のお父さんはれんこん一筋50年。古代れんこんは地元の直売所などに卸して販売しているそう。

JR成田線 滑河駅~成田駅
 

JR成田線・滑河駅に到着、上り列車に乗車。成田駅で途中下車した。

成田山新勝寺の最寄り駅で、駅前には「開基1080年」の看板があった。

Sponsord Links

 
 
成田参道 房の駅
 
最寄駅:成田駅より徒歩5分
所番地:千葉県成田市上町546-3
電話番号:0476-85-4823
特選情報[営業時間]
8:30~20:00

[定休日] 
なし

[ホームページ]
http://fusanoeki.fusa.co.jp/store/narita/index.html

 
 

成田山新勝寺へ向かい参道を歩くと、「房の駅」で「桜ピーナッツ」の看板を発見。ピーナッツを桜色の生地でコーティングしており、他の味とともにカップ1個に詰め放題で販売している。「エンジョイ ピーナッツ」のフレーバーは13種類。

大本山 成田山新勝寺
 
最寄駅:成田駅より徒歩16分
所番地:千葉県成田市成田1番地
電話番号:0476-22-2111
特選情報[受付時間]
8:00~16:00迄
年中無休

 
成田山新勝寺に到着。本殿では結婚式が催されており、見物しながらお参りした。10年に1度の祭では本殿の前に「大塔婆」と綱が設けられ、ご開帳となるお不動さまの腕とつながった綱をにぎるとご利益があるという。
JR成田線 成田駅~下総松崎駅

成田駅に戻り成田線に乗車、下総松崎駅で途中下車。松崎で「まんざき」と読む。駅舎はこじんまりとしていた。

房総のむら
 
 
最寄駅:下総松崎より徒歩約30分
所番地:千葉県印旛郡栄町龍角寺1028
電話番号:0476-95-3333
特選情報[開館時間]
9:00 ~16:30

[休館日]
月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)

そば屋[いんば]
[定休日]
月・火曜日

[営業時間]
11:30~13:45

[ホームページ]
https://www.chiba-muse.or.jp/MURA/index.html

 
 
 

駅を出発、「千葉県立房総のむら」へ。途中には大きな坂田ヶ池があった。「体験博物館」の看板に、どんなことができるのか予想もつかないといいながら敷地に踏み入った。江戸時代の町並みなどを再現した建物が並んでおり、ドラマの撮影が行われたこともあるそう。武家屋敷は佐倉藩の中級武士の家を再現したもので、高さのある生け垣は馬に乗った侍でも中が見えないよう作られたという。庭が広いのも特徴で、武士は領主のために兵を集めて家に駐屯させる任務があったという。竹かご作り、紙すきなどの体験もできる。

 
 

学芸員さんに、食堂で「かみなりうどん」が食べられると教えてもらった。そば屋「いんば」は江戸の町並みの中に店があり、客席はゆったりとしたお座敷席だった。

房総のむらのそば屋「いんば」で「かみなりうどん」をいただいた。レシピは江戸時代のものを再現したもので、かみなりの名前は具材の豆腐・きくらげ・しいたけを炒めるときのパチパチという音からきているそう。

 
 
出典:食べログ  ← 

クリックすると詳細が確認できます.

予約・
お問い合わせ

0476-95-3333

予約可否  
住所

千葉県印旛郡栄町龍角寺1028

交通手段

○車の場合(無料駐車場あり)
東関東自動車道成田ICから車で約20分
○電車の場合
JR成田駅・JR安食駅(あじき)より1時間に1~2本バスあり

「房総のむら」内
(入場料が必要)

下総松崎駅から1,726m

営業時間

11:00~13:30
※ただし売り切れ次第終了

日曜営業

定休日

「房総のむら」の休館日とその翌日(原則、月曜日と火曜日 )。房総のむら休館日:月曜日(休日の場合は開館し、翌日休館)、年末年始、その他臨時休館あり

 

Sponsord Links

 
 
 

 

 

 

出口で学芸員さんと再会。敷地には他にも移築された文化財や古墳があるといい、立ち寄ることにした。「岩屋古墳」は古墳時代の墓で、「龍角寺105号古墳」と通し番号がついていた。一帯で見つかった古墳は114基にのぼり、大量のはにわが見つかった古墳などもあるそう。「旧学習院初等科正堂」は文化財となった建物を移築したもの。1899年に四谷に建てられ、1937年に解体・移築され千葉県内の中学校の講堂に。1975年、文化財として現在の場所に移築された。

 
JR成田線 下総松崎駅~安食駅

下総松崎駅に戻って成田線に乗車、安食駅で途中下車。住宅街に分け入った。

 

割烹 金田屋

「黒豆の生カステラ」「栄町名物・龍伝説のどら豆」のポスターを見つけ、「割烹 金田屋」を取材。店は予約制で、生カステラは食事をしたお客さんにお土産として販売しているそう。若女将さんに、となりのレストランでもデザートとして食べられると教えてもらった。

案内された店は「酒菜と鮨 金田屋」。となりの割烹で案内されたとお願いして、デザートの「黒豆の生カステラ」だけを出してもらった。

金田屋

出典:食べログ  ← 

クリックすると詳細が確認できます。

予約・
お問い合わせ

0476-95-1105

予約可否

予約可

住所

千葉県印旛郡栄町安食3692

交通手段

JR安食駅徒歩10分 

安食駅から908m

営業時間

11:00~15:00(ラストオーダー14:30)
17:00~22:00(ラストオーダー21:10)

日曜営業

定休日

毎月第2水曜日


 

「酒菜と鮨 金田屋」でデザートの「黒豆の生カステラ」をいただいた。生地は和風ケーキのようで黒豆と卵の味が楽しめるといい、中には黒豆がごろごろ。お客さんからは伊達巻、ういろう、芋ようかんなどに例えられたそう。黒蜜ときな粉にも黒豆を使っているという。食感は生地をスチームオーブンでしっとりと焼き上げることで生まれるそう。味はプレーンの他に抹茶味、「落花生の生カステラ」があり、国内線ファーストクラスのデザートに採用されたことも。その他「創作すし点心」「いわし膳」などのメニューを紹介した。こちらでもお土産に生カステラを買えるといい、1本いただいた。

 

JR成田線 安食駅~東我孫子駅

続いて東我孫子駅で途中下車。降りると無人駅だった。付近を散策、「手賀沼」という川にかかっている橋などを通り過ぎた。

 
みち更紗工房
 
所番地:千葉県我孫子市高野山448-9
電話番号:04-7183-7365
 
 

住宅街に「みち更紗工房」の看板を見つけ、インターホンを押して話を聞いた。工房は家の中にあるといい、インドネシア伝来の「ジャワ更紗」を作っているそう。生地の独特の模様はインドネシア伝統のものを組み合わせ、生地にろうを染み込ませてから藍染めを繰り返す「ろうけつ染め」で再現している。夫の仕事の関係でインドネシアなどに20年ほど滞在し、現地の技術を覚えたといい、作った布は売らずに展示会などで披露している。

 

終点の我孫子駅に到着。傘をさしながら北口の飲食店街を歩いた。インドネシアの伝統料理の店の看板が目に入り、入り口をくぐった。
 
アジアンカフェ&ダイニング フランジパニ

インドネシア料理店の名前は「アジアンカフェ&ダイニング フランジパニ」。気になった料理の名前の「ルンダン・サピ」「ガイ・ヤーン」はメインディッシュだとといい、サンバル料理はサラダを選んだ。サンバルはインドネシアの調味料で、深みのある味とあとから来る辛さが楽しめるという。ガイ・ヤーンはチキンのオーブン焼き。続いて「ルンダン・サピ」が出てきた。キーワード

「アジアンカフェ&ダイニング フランジパニ」でインドネシア料理を食事。「ルンダン・サピ」は牛のほほ肉をココナッツミルクとスパイスで煮込んだ料理で、口の中でほろほろにとろけた。伝統料理として2017年のCNN「読者が選ぶ最もおいしい料理50選」の1位にも選ばれた有名な料理だそう。

 アジアンカフェ&ダイニング フランジパニ 

 
出典:食べログ  ← 

クリックすると詳細が確認できます。

予約・
お問い合わせ

050-5594-5433

予約可否

予約可

住所

千葉県我孫子市我孫子1-1-16 カドマツビル 2F

交通手段

常磐線我孫子駅北口より徒歩1分以内です。

我孫子駅から112m

営業時間

(ランチ)
11:30~15:00(LO14:30)
(ディナー)
【日・火・水・木】
17:30~22:00(LO21:00)
【金・土・祝前日】
17:30~23:00(LO22:00)

定休日

月曜日


 

 
 

次回も楽しみですね♪    

後記:コチラの情報は放送当時のものとなります。

※料理の値段は時期や天候などによって変動する可能性があります。
※品切れの場合もございますご了承ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シューイチで紹介されたお店・レストラン・飲食店・グルメ情報7月31日放送

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年6月28日放送分「格安コーデバトル」はコチラ

2016年6月24日放送分「着こなしガールズコレクション」はコチラ

2016年6月21日放送分「格安コーデバトル」はコチラ

2016年6月16日放送分「大ヨコヤマ物産店」はコチラ

2016年6月14日放送分「格安コーデバトル」はコチラ

2016年6月10日放送分「着こなしガールズコレクション」はコチラ

2016年6月7日放送分「格安コーデバトル」はコチラ

2016年6月2日放送分「最新コーデでタンスの肥やしが生きかえる」はコチラ

2016年5月31日放送分「格安コーデバトル」はコチラ

2016年5月12日放送分「最新コーデでタンスの肥やしが生きかえる」はコチラ

2016年5月10日放送分「格安コーデバトル」はコチラ

2016年4月28日放送分「東京オシャレ探し」はコチラ

2016年4月22日放送分「着こなしガールズコレクション」はコチラ

2016年4月21日放送分「最新コーデでタンスの肥やしが生きかえる」はコチラ

2016年4月15日放送分「着こなしガールズコレクション」はコチラ

2016年4月14日放送分「東京オシャレ探し」はコチラ

2016年4月12日放送分「格安コーデバトル」はコチラ

2016年4月7日放送分「東京オシャレ探し」はコチラ

2016年4月5日放送分「格安コーデバトル」はコチラ