アド街

出典:テレビ東京

出没!アド街ック天国(3月10日)土曜日。日本橋室町BEST20!街で愛されているお店の店舗情報・人気のメニュー・テレビグルメ情報&人気スポット情報をまとめました。

2018年3月10日

出典:テレビ東京放送 毎土曜日 出没!アド街ック天国 
出演者:

 

 

日本橋室町BEST20

 
 
 
 
*テレビを見て行ってみたいと思った貴方のために紹介されたお店・人気スポットの情報(連絡先・定休日のお休み・営業時間・メニュー・地図)をご案内します。
 

Sponsord Links

 

 

20位  始まりの場所
 
 
昭和23年から続く「ミカド珈琲店 日本橋本店」は日本初のスタンド珈琲店として創業した。嘉永3年創業の「日本橋弁松総本店」は日本初の折り詰め料理専門店。嘉永2年創業の「山本海苔店」は日本で最初に味付け海苔を販売、昭和40年には日本で初めてドライブスルーで販売していた。元禄12年創業の「にんべん 日本橋本店」は、日本初の商品券を作った。明治37年創業の「日本橋三越本店」は日本初のデパートメントストア、昭和5年に日本で初めてお子様ランチを作った。日本橋室町には始まりの場所が多くある。 
 
 
【ミカド珈琲店 日本橋本店】
昭和23年創業。日本初のスタンドコーヒーショップ。
住所: 東京都中央区日本橋室町1-6-7
TEL: 03-3241-0530

【日本橋 弁松総本店】
嘉永3年創業。日本初の折詰料理専門店。
住所: 東京都中央区日本橋室町1-10-7
TEL: 03-3279-2361

【山本海苔店】
日本で最初に味付け海苔を販売。さらに、昭和40年に始めたのが、日本初のドライブスルー。販売していたのは、もちろん海苔。
住所: 東京都中央区日本橋室町1-6-3
TEL: 03-3241-0261

【にんべん 日本橋本店】
鰹節専門店。江戸時代に発案したの商品と交換できる銀製の切手。これが日本初の商品券と言われる。
住所: 東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1・ 1F
TEL: 03-3241-0968

【ランドマーク】
日本初のデパート「三越」のレストラン。昭和5年、日本で初めて「お子様ランチ」を作ったと言われる。
住所: 東京都中央区日本橋室町1-3-10 日本橋三越本店新館5F
TEL: 03-3241-3831

 
 

——————————————————————————–

19位 レストラン桂
 

日本橋で長年働く人にオススメの場所を聞くと「レストラン桂」の名が挙がる。900円のハンバーグステーキなど下町洋食が味わえる。夜は山本海苔店の方たちが〆に必ず頼むのがにんべんの鰹節を使い、山本海苔店の海苔をかけた「かつお節入りスパゲッティー」。

出典:食べログ
クリックすると店舗詳細が確認できます。

予約・
お問い合わせ

03-3241-4922

予約可否

予約可

夜のみ予約可

住所

東京都中央区日本橋室町1-13-7

交通手段

東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅 徒歩1分
JR総武本線 新日本橋駅 徒歩4分
東京メトロ東西線 日本橋駅 徒歩6分

三越前駅から125m

営業時間

[月~金]
11:00~15:00(L.O.14:30) 17:00~21:00(L.O.20:30)
[土]
11:00~15:00(L.O)

定休日

日・祝

 
 

Sponsord Links

 

 

——————————————————————————–

 

18位 福徳神社
 
 
日本橋室町には明治初期まで百川という懐石料理屋があった。跡地には小さな社がある。福徳神社4年前に再建された、戦後の都市化により近年まではビルの屋上にあった。福徳神社は江戸時代に幕府から富籤を許されていた。今はくじ運アップの富籤守を授かれる、宝くじを保管する宝袋を手に入れたら福徳を待つだけ。 


住所: 東京都中央区日本橋室町2-4-14
TEL: 03-3276-3550
 

——————————————————————————– 

 

17位   後藤テーラー
 
オーダーメイド紳士服の「後藤テーラー」は昭和8年に創業。長嶋茂雄や小渕恵三元総理など数多の著名人に愛されてきた。工房の最年少は22歳の坂本さん、神の手の魂が受け継がれている。 
 

住所: 東京都中央区日本橋室町1-11-6 宝来ビル1F
TEL: 03-3241-4953
   

——————————————————————————– 

 
16位  文明堂東京日本橋本店
 
明治33年に長崎で創業した銘菓「文明堂東京 日本橋本店」の最高級品は7128円の「希翔」。焼いた職人の名前も明記されている。 
 
 
住所: 東京都中央区日本橋室町1-13-7
TEL: 03-3241-0002
 

Sponsord Links

 
 
——————————————————————————– 
 
江戸の老舗が集まる 日本橋室町 BEST20
 

日本橋室町についてスタジオトーク。須黒清華は品格を感じると話し、高級カステラ「希翔」について山田五郎はかなりヤバイ時は持って行っていたと語った。峰竜太らは日本橋室町といえばコレというものをそれぞれ発表した。峰竜太は日本橋餅があることを話し、三田村邦彦は江戸弁がかっこいいと語った。田中美里は年齢層問わず贈り物があると話した。立川志らくは「落語会」、百川での読み方が違っていたことを今知ったと明かした。薬丸裕英はマンダリンオリエンタル東京から日銀を眼下に食事ができると語った。山田五郎は福徳神社は一等地にスペースをとっている、これができているのが日本橋だと話した。

 

——————————————————————————– 

 

15位 フレンチの名店
 
フレンチの名店「ポンドール・イノ」など日本橋に話題のレストランが増えている。「La Paix」はランチコースが人気。「ラ・ボンヌターブル」は料理と一緒に特製のノンアルコールドリンクが楽しめる。 
 
【ポンドール・イノ】
名店「シェ・イノ」の井上シェフが追及する伝統と創造性あふれる豊かな味わいが楽しめる。
住所: 東京都中央区日本橋室町2-4-3 YUITOビル1F
TEL: 03-3276-0002

【La Paix】
2014年にオープンし、2017年のミシュランガイドで星を獲得。和を意識した優美なランチコースが人気。
住所: 東京都中央区日本橋室町1-9-4 井上第3ビル B1F
TEL: 03-6262-3959

【ラ・ボンヌターブル】
2014年にオープン。シェフおすすめの自家製ノンアルコールドリンクと料理のペアリングが楽しめる。
住所: 東京都中央区日本橋室町2-3-1 COREDO室町2 1F
TEL: 03-3277-6055

 
 
——————————————————————————–  
 
14位 さるや
 
創業300年以上、日本唯一となった楊枝の専門店「さるや」。江戸の名物となった。今も職人が一本ずつ削り出している。木箱の文字は代々当主だけが行う作業だが、九代目は元気な内は八代目にやってもらっていると語る。 
 
 
住所: 東京都中央区日本橋室町1-12-5
TEL: 03-5542-1905

 
 

——————————————————————————–  

 

13位  三井本館
 
 
 日本橋三越本店と並び立つ名建築「三井本館」は1998年に重要文化財に指定されている。
 

住所: 東京都中央区日本橋室町2-1-1
 

 

——————————————————————————– 

日本橋室町物語
 

日本橋室町物語。日本橋の袂にあった魚河岸、幕府に献上して余った魚をこの地で売ったのが始まりだとされている。300年以上続いた魚河岸だが、1913年に関東大震災で壊滅的な状態になる。芝浦に仮設市場を開き、築地に仮設市場を移転したこれが築地市場の始まり。この移転のときも大論争があったという。

 

——————————————————————————– 

12位 貝新&鮒佐
 
日本橋室町にある荷台佃煮店を紹介。明治11年創業「日本橋 貝新」の伝統は浮かし煮、強火で一気に炊き上げることで味は濃くふっくらした食感に仕上げる。文久2年創業の「日本橋 鮒佐」で今のオススメは水ブキの佃煮。 
 
 
 
【日本橋 貝新】
三重県桑名の本店から暖簾を分けし、日本橋に店を構えて130年。「浮かし煮」という伝統技法を用いた貝のしぐれ煮が名物。

【日本橋 鮒佐】
文久2年創業。お店のこだわり旬を活かす今の時期のおススメは、水ブキの佃煮。使う水ブキは、愛知県知多産の極太もの。
住所: 東京都中央区日本橋室町1-12-13
TEL: 0120-273-123


   

——————————————————————————– 

11位  い組
 
毎年1月に行われる出初式で梯子のりをするのは江戸消防記念会。大岡忠相が組織し今年で300年となる。い組の組頭は「小泉組」の小泉太郎さん、三田村邦彦が働いていたことを語った。い組の最年少は佐野爵さん、当時取材したときは彼の父が梯子に登っていた。
 
 
【小泉組】
日本橋室町にある建設会社。
現在の「い組」の組頭が、こちらの代表。
住所: 東京都中央区日本橋室町1-13-8
TEL: 03-3241-4321
 

Sponsord Links

 
 
   

——————————————————————————– 

江戸の老舗が集まる 日本橋室町 BEST20
 

日本橋室町についてスタジオトーク。いい話の中に三田村邦彦が登場していた、三田村によると18歳で上京しデビューしてからも働いていたという。旗の取替も行っていて、会長の小泉太郎さんからいつでもいいから戻って来いと言われ使っていたヘルメットが残されている。田中美里はさるやの楊枝が好きで購入したと語り、立川志らくは立川談志が爪楊枝を持っていないとしくじるのでポシェットにそのまま入れていたと語った。

 

  

——————————————————————————– 

 
10位  マンダリンオリエンタル東京
 
日本橋三井タワーにある「マンダリン オリエンタル 東京」、代表するダイニングの広東料理「センス」とフレンチ「シグネチャー」のどちらかの料理を選んで秘密のプライベートダイニングがある。 
 
 【シグネチャー】
ミシュランの星を獲得したフレンチレストラン。芸術的な料理と美しい夜景で美食家たちを魅了している。
住所: 東京都中央区日本橋室町2-1-1
TEL: 03-3270-8800

【センス】
37階に位置し、ミシュランの星を獲得した本格広東料理のレストラン。アラカルトメニューのほかに、土、日、祝日には人気の飲茶ランチが楽しめる。
住所: 東京都中央区日本橋室町2-1-1
TEL: 03-3270-8800

 
 
 

——————————————————————————– 

9位 蕎麦の名店
 
 蕎麦の名店「利久庵」の名物「納豆そば」は60年以上前から町で愛されている。明治2年創業の「室町砂場」は天ざるを考案したことでも知られる。
 
 
【利久庵】
こちらの初代が考案した「納豆蕎麦」は60年以上前から街で愛される名物。
住所: 東京都中央区日本橋室町1-12-16
TEL: 03-3241-4006

【室町砂場】
明治2年創業、古今亭志ん朝師匠も贔屓にしていたお店。「天ざる」を考案したことでも知られる。
住所: 東京都中央区日本橋室町4-1-13
TEL: 03-3241-4038

 
  

——————————————————————————– 

 
 
8位  千疋屋総本店
 
日本橋三井タワーにある日本初の果物専門店「千疋屋総本店」。大ファンだった西郷隆盛は、二代目の女将大島むらさんを東京のおっかあと慕っていた。千疋屋総本店の今のイチオシは「クイーンストロベリー」、パーラーでは「クイーンストロベリーパフェ」が楽しめる。 
 
住所: 東京都中央区日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー内
TEL: 03-3241-1630

 

——————————————————————————– 

 

7位  木屋 日本橋本店
 
大工道具の店として寛政4年に創業した「木屋 日本橋本店」は刃物の老舗。225周年記念の包丁も販売している。「鎌型庖丁 アフリカ黒檀ハンドル」など斬れ味が老舗のこだわり。

住所: 東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1 1F
TEL: 03-3241-0110

 
 
 

——————————————————————————– 

6位  山本海苔店
 
嘉永2年創業「山本海苔店」。この日は最高品を決める選定会が行われた。海苔には秋から収穫する秋芽網とある程度育ったところで冷凍し12月頃に海に戻して収穫する冷凍網がある。水温が低くゆっくり成長する冷凍網は味のよい海苔に育つ。その年の最上級品が「無双佳品」となる。 
 
 
住所: 東京都中央区日本橋室町1-6-3
TEL: 03-3241-0261 
 
 

 

Sponsord Links

 

 
 

——————————————————————————– 

 

江戸の老舗が集まる 日本橋室町 BEST10
 

日本橋室町についてスタジオトーク。山本海苔店の無双佳品16200円について、井ノ原快彦は贈り物でもらった驚くと話し三田村邦彦は桐箱に入れなくていいのでもう少し安くと話した。マンダリンオリエンタル東京について薬丸裕英は食事もだが景色に注目して欲しいと念押し、田中美里と山田五郎はセンスの料理がおいしいと語った。立川志らくは室町砂場は志ん朝師匠が好きだったと話し、立川談志はそばの食べ方にこだわりがあったと語った。

気にスポ
カフェに謎の張り紙!

日本橋室町の気になるスポットを紹介。「サニピク」と書かれたカフェの中に謎の張り紙があった。悩んでいると話しかけてきたアフロ男性によるとなぞなぞのようだった、男性は店主の小泉太さんでパズル作家としてイベントを作っていた。2年半ほど前からカフェをやるようになり、パズル作りを生かしてお客さんに楽しんでもらっている。店内の様々な場所に隠されたなぞなぞを解いていくプランもある、ゴールしてももらえるのは名誉だけになっている。

江戸の老舗が集まる 日本橋室町の気にスポ

サニピクの店主からなぞなぞが出題され、井ノ原快彦が解いた。なぞなぞがある「サニピク」について、立川志らくは林家三平を連れて行くと語った。峰竜太は気が気じゃないと語った。

  

——————————————————————————– 

 
5位 COREDO室町
 
「COREDO室町」の人気ランチを紹介。「サカナの中勢以」では「熟成国産黒毛和牛肉ハンバーグ」が味わえる。「金子半之助」の人気は「稲庭うどんと天ばらめし」トッピングは無料で楽しめる。「日本橋 玉ゐ」の名物は2種類からオーダーできるが迷ったら「箱めし中箱合いのせ」がある。 
 
 
 
【サカナの中勢以】
熟成肉ブームを作ったとされる茗荷谷「中勢以」の新業態。お昼はハンバーグ、夜は居酒屋スタイルのイートインで熟成肉を使った各種の酒の肴が楽しめる。
住所: 東京都中央区日本橋室町2-3-1 COREDO室町2 B1F

【日本橋 稲庭うどんとめし 金子半之助】
行列が絶えない天丼の店で有名な「金子半之助」の姉妹店。
うどんは、オーナーの母親が営んでいた湯島の有名店「醍醐」の味を継承。テーブルに備えているうどん用のトッピング、ガリゴボウや温泉卵などは、すべて無料でとり放題。
住所: 東京都中央区日本橋室町2-3-1 COREDO室町2 B1F
TEL: 03-6265-1650

【日本橋 玉ゐ 】
穴子料理の名店。名物の穴子箱めしは「煮上げ」と「焼き上げ」の2種類。どちらにするか迷ったら、両方乗った「合いのせ」を選べば、ふんわりした「煮上げ」と、香ばしい「焼き上げ」を食べ比べることができる。
住所: 東京都中央区日本橋室町2-3-1 COREDO室町2 B1F
TEL: 03-6262-3125

 

——————————————————————————– 

 
4位  鰹節の老舗
  
魚河岸の名残と言える専門店鰹節の老舗が三軒ある。元禄2年創業の「八木長本店」のロングセラーは「かつお粉削り」、オススメの食べ方は玉子かけご飯。COREDO室町2にある「日本橋だし場 はなれ」はにんべんがオープンさせたダイニング、4月末までの限定品が「だし炊き込み御膳 古典」。 
 
 【八木長本店】
元文2年創業。ロングセラーは鹿児島産の上質な鰹節を削った「かつお粉削り」。濃厚なダシもとれますが、お薦めの食べ方は、そのままご飯にふりかけた卵掛けご飯。醤油いらずで深い味わいが楽しめる。
住所: 東京都中央区日本橋室町1-7-2 八木長ビル
TEL: 03-3241-1211

【日本橋だし場 はなれ】
「にんべん」が4年前に開いたダイニング。「だし」の魅力を料理に活かし伝えている。4月までの限定品は自慢の「だし」で炊いた鯛飯。
住所: 東京都中央区日本橋室町2-3-1 COREDO室町2・1F
TEL: 03-5205-8704

 
 
 

——————————————————————————– 

 

3位魚河岸の名残り   
和食の名店「割烹 とよだ」は文久3年創業、かつて魚河岸で魚を仕入れていた。「神茂」もかつては魚河岸から魚を仕入れてさまぼこなどを作っていた。「蛇の市本店」は屋台寿司として魚河岸で明治22年に創業された、文豪志賀直哉にも愛された酢飯は江戸っ子の舌を楽しませてきた。ランチの人気は「江戸前ばらちらし」。
 
【割烹 とよだ】
文久3(1863)年創業の老舗割烹。日本橋の魚河岸のそばで営む屋台のお寿司屋さんとして創業。特に煮物は定評があり、伝統的な割烹料理と豊富に揃えるワインを一緒に楽しめる。
住所: 東京都中央区日本橋室町1-12-3
TEL: 03-3241-1025

【神茂】
創業330年。かつては日本橋の魚河岸から魚を仕入れ、蒲鉾などを作っていた。「手取りハンペン」は江戸時代からの名物。
住所: 東京都中央区日本橋室町1-11-8
TEL: 03-3241-3988

【蛇の市本店】
明治22年創業のお寿司屋さん。魚河岸の屋台時代から、今も寿司屋を続けている数少ないお店。ランチの名物が、江戸の町の賑わいを彷彿とさせるような豪華なバラチラシ。
住所: 東京都中央区日本橋室町1-6-7
TEL: 03-3241-3566

 
 

——————————————————————————- 

 

2位 日本橋三越本店
 
日本橋三越本店は2016年に重要文化財に指定された。「三越劇場」は落語ファンにも特別な場所、昭和28年に始まったホール落語の先駆け。 
 
 
住所: 東京都中央区日本橋室町1-4−1
TEL: 03-3241-3311
 
 

——————————————————————————– 

 

1位  日本橋
 
 最初の日本橋は慶長8年に架けられた木製、現在の石橋は20代目。橋の上を走る首都高速道路は昭和38年に完成、近年は撤去の声もあり昨年地下化の検討が政府から発表された。
 
 
 
——————————————————————————–  
 
 

江戸の老舗が集まる 日本橋室町 BEST5
 

日本橋室町についてスタジオトーク。日本橋の上にある首都高速道路は昨年地下化の検討が発表された。田中美里は橋の下を走る船がいつも気になっていると話した。三田村邦彦は日本橋三越本店の社員食堂が安くて美味しいと話し、当時皇室専用のトイレがあるのを見たと語った。立川志らくは三越劇場に呼ばれたときに三越だと考えず弟子の会だと思い後悔したことを話した。

 

 

 
 

次回も楽しみですね♪    

後記:コチラの情報は放送当時のものとなります。

※料理の値段は時期や天候などによって変動する可能性があります。
※品切れの場合もございますご了承ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シューイチで紹介されたお店・レストラン・飲食店・グルメ情報7月31日放送