バスの旅

出典:テレビ東京

ローカル路線バス乗り継ぎの旅(3月25日)!今回は新シリーズ初回。旅人は田中要次(俳優)&羽田圭介(芥川賞作家)の旅、そしてマドンナにはIMALU「伊豆下田〜知多半島の旅」!今回のローカル路線バス沿線で紹介された人気スポット・お店・レストラン・お宿・ホテル情報をご紹介!

2017年3月25日

出典:テレビ東京  『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』

 
今回から太川陽介・蛭子能収コンビに替わり、田中要次・羽田圭介の新シリーズがスタート。
マドンナ・IMALUと静岡・下田港から愛知・師崎港へ向かう。
 
 

Sponsord Links

 

 

ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z 伊豆下田~知多半島師崎

 
1日目 下田港(静岡)
 

ペリーが黒船を率いて来航したことでも知られる下田市でオープニングトーク。

田中要次は、今回からタイトルが変わった、だいぶももクロにあやかっていると話し、今回のマドンナIMALUを紹介。一方羽田圭介は新作「成功者K」の告知Tシャツを着て登場した。そんな今回の目的地は愛知・師崎港。

 

 

1日目 下田(静岡)
 

一行はまずは下田駅へ。

バス停が複数あったため運転手と相談し、堂ヶ島方面のバスに乗車した。

 

 

1日目 下田~堂ヶ島
 

一行が下田駅を出発。

田中らは2回目なので余裕、富士山近辺の温泉で1泊したいと話した。東海バスで堂ヶ島に到着。

 

 

1日目 堂ヶ島(静岡)
 

一行は堂ヶ島に到着。

次のバス時刻を確認し観光案内所で相談、時間もないが遊覧船(堂ヶ島洞くつめぐり)に乗ることになった。堂ヶ島は西伊豆を代表する景勝地で、一行も天然記念物の天窓洞を見学し、羽田はまんじゅうも購入。調子よく次のバスに乗り込んだ。

 

 

1日目 堂ヶ島~三島
 

一行は堂ヶ島を出発。まんじゅうを食べながら、「進みすぎて怖い」などと言いながら今後のルートを検討した。東海バスで三島駅に到着。

 

 

1日目 三島(静岡)
 

一行は三島駅に到着。

すると早くも次のバスを発見したが、「飯食ってからでも大丈夫じゃないか?」などと話し合いを始め、このバスは見送ることになった。

 

三島駅に到着した一行は案内所で今後のルートを検討。

余裕があると判断し昼食をとることにした。

定食屋「源氏」を発見し、名物・三島コロッケも入った「ミックスフライ定食」や「海鮮丼」、「ラーメン(塩)」を頂き、バスは結局もう1本見送った。

 

源氏

出典:食べログ ← 

クリックすると店舗詳細が確認できます。

TEL・予約

055-975-0882

予約可

住所

静岡県三島市一番町15-22

交通手段

JR三島駅南口 徒歩0分

三島駅から230m

営業時間

11:00~21:30

ランチ営業、日曜営業

定休日

不定休(土曜日)

 

Sponsord Links

 

 

1日目 三島~沼津

 

一行は三島を出発。東海バスで沼津駅に到着した。

 

1日目 沼津(静岡)
 

一行は沼津駅に到着。次のバス時刻を確認し、時間まで「メディアカフェポパイ 沼津駅南口店」の猫カフェスペースで休憩した。

 

1日目 沼津~富士
 

一行は沼津を出発。車内では今後のルートに不安があることが判明したが、ひとまず富士急静岡バスで富士駅に到着。

 

1日目 富士(静岡)
 

一行は富士駅に到着。しかし案内所で相談しても由比から清水方向に向かうバスがないことが判明。由比行きの最終も40分前に発車しており、ここで1日目終了となった。アポなし宿交渉を行い、富士ステーションホテルの部屋を確保した。

その後、「炉ばたダイニング 蔵や」で特大金目鯛焼きやあぶらぼうずのカブト焼を頂きながら、この日のルートを振り返った。

 

 

 

 

ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z 伊豆下田~知多半島師崎

2日目 富士~由比

2日目。

一行は富士駅を始発のバスで出発。車窓から富士山が見えないと嘆きつつ、富士急静岡バスは由比駅上に到着。

 

 

一行は由比駅に到着。

案内所がなかったため近所の「食事処 あおぞら」で聞き込みしたところ、コミュニティバスの存在が判明したが、この日は運行されていない曜日だった。

一方、お店の方のご厚意で名産・桜えびを使ったかき揚げや釜揚げの定食を用意してもらうことができ、一行が味わった。

 

あおぞら

出典:食べログ ← 

クリックすると店舗詳細が確認できます。

TEL・予約 054-375-2411
住所

静岡県静岡市清水区由比今宿195-1

交通手段

JR東海道本線由比駅下車駅前

由比駅から49m

営業時間

10:30~20:00

ランチ営業、日曜営業

定休日

月曜日

 

Sponsord Links

 

 

 

2日目 由比~清水
 

一行は由比から徒歩移動を開始。東海道五十三次の宿場・由比宿を通過し、薩埵峠の険しい山道を登った。ここでも天候が悪く富士山は見れなかったが、晴れていれば歌川広重の時代から旅人を魅了する絶景。さらに国道を進み、作業中のみかん農家とも交流し、歩き始めて1時間以上かけ、新浦安橋のバス停を発見。ここからしずてつジャストラインに乗り込み、清水駅前に到着した。

 

 

2日目 清水~静岡
 

一行が清水駅に到着すると、ほぼ待ち時間なく次のバスに乗車。しずてつジャストラインで約40分かけ静岡駅前に到着した。

 

 

2日目 静岡(静岡)
 

一行は静岡駅に到着し、案内所で今後のルートを検討。藤枝から先のバスがないと言われたが…。

 

 

2日目 静岡~藤枝
 

静岡駅で次のルートを検討していた一行だが、バス停で次のバスが来てしまったためそのまま乗り込んだ。藤枝から先、浜松を目指すルートに悩みながら、しずてつジャストラインで藤枝駅前に到着。

 

 

2日目 藤枝(静岡)
 

一行は藤枝駅に到着。

案内所で相談するがやはり西へ向かうバスが無いという。しかし別のバス会社に問い合わせしてもらうと、海岸線沿いにバスがつながりそうなことが判明。乗り継ぎ時間がタイトだというが、とにかくルートが決まって一安心。

 

 

2日目 藤枝~相良
 

一行は藤枝を出発。

ようやく富士山も拝むことができた。車内ではIMALUが、定期的な小遣いはなかったなどとトークしたが、しずてつジャストラインのバスは相良営業所に遅れて到着。

 

 

2日目 相良~浜岡
 

一行は相良営業所に到着。次のバスへの乗り継ぎにも成功した。しずてつジャストラインで浜岡営業所に向かったが、次のバスは乗り継ぎ時間1分。

 

 

2日目 浜岡~大東

しずてつジャストラインで浜岡営業所に到着した一行。次のバスは乗り継ぎ時間1分だったが、無事間に合い、大東支所行きに乗り込むことができた。

 

 

2日目 大東(静岡)

一行は大東支所のバス停に到着。時刻表を確認すると最終バスには間に合っていたが発車までは1時間半。掛川市役所大東支所で相談し、情報を得たうなぎ屋へ向かったが、到着して定休日と判明。

しょうがないので近場でお店を探し「和食処 七海」へ。

天ぷら付のさくらそばを堪能し、次のバス停についても相談した。

 

和食処 七海

出典:食べログ ← 

クリックすると店舗詳細が確認できます。

TEL・予約 0537-72-7339
住所

静岡県掛川市大坂1601-2

営業時間

11:30~13:30、17:00~22:00(L.O.21:30)

ランチ営業、日曜営業

定休日

水曜

Sponsord Links

 

 

 

 

 

2日目 報地~横須賀
 

一行はおそば屋さんに教えてもらった報地のバス停から、この日8本目のバスに乗車。秋葉バスで横須賀車庫前に到着。

 

 

2日目 横須賀~浜松
 

一行は横須賀車庫のバス停に到着。時刻表を確認し1時間後、この日の目標だった浜松行きのバスに乗り込んだ。遠州鉄道のバスで浜松駅前に到着。

 

 

2日目 浜松(静岡)
 

一行は浜松駅に到着。案内所もすでに閉まっていたため2日目終了を決定。駅前のオークラアクトシティホテル浜松でアポなし交渉すると、なんと交渉成立。40階の豪華な部屋で1泊。

 

 

 

 

ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z 伊豆下田~知多半島師崎

 
3日目 浜松(静岡)
 

3日目。一行は浜松駅バスターミナルの案内所で今後のルートを検討。湖西までは行けそうだが、そこから県境を越えるバスがないという。

一行は浜松駅の案内所で今後のルートを検討。静岡・愛知県境を越えるバスがないということで、ひとまず湖西へ向かうことにした。

 

3日目 浜松~湖西
 

一行は浜松駅を出発。汽水湖でウナギ、カキ、ノリ養殖で有名な浜名湖を抜けた。遠州鉄道のバスは湖西市役所に到着。

 

3日目 湖西~三ツ坂
 

一行は湖西市役所に到着。コミュニティバスのバス停もあったが時刻が合わず、結局歩いて移動開始。今は物置になっているという国鉄時代のバスにも遭遇しつつ、1時間で県境越え。歩き始めて1時間半で目的のバス停を発見した。

 

 

3日目 三ツ坂~豊橋
 

一行は三ツ坂でようやくバス停を発見。しかし時刻表を見るとバスは1日2本でしかも次は4時間半後と判明した。ショックを受けた一行だが、二川までさらに歩くことにした。途中の食事もやめて歩いていると突如バスと遭遇、その豊鉄バスに二川東町から乗ることができ、30分で豊橋駅に到着。

 

 

3日目 豊橋(愛知)
 

一行は豊橋駅に到着。案内所でルートを相談し、国府までのルートが判明。

バス時刻も確認し、案内所で教えてもらった「みかわの郷」で豊橋カレーうどんを堪能した。

 

みかわの郷 カルミア店

出典:食べログ ← 

クリックすると店舗詳細が確認できます。

TEL・予約 0532-56-6663
住所

愛知県豊橋市花田町西宿無番地 豊橋駅ビル カルミア 1F

交通手段

新幹線・JR在来線豊橋駅に隣接

駅前駅から70m

営業時間

11:00~21:30(L.O)

定休日

無休

 
 
 
 
3日目 豊橋~豊川
 

一行は豊橋駅から豊鉄バスに乗車し、豊川市民病院に到着。しかしいまひとつ先のルートが見えていない。

 

 

3日目 豊川~国府
 

一行は豊川市民病院から豊川市コミュニティバスに乗車。15分ほどで国府駅に到着した。

 

 

3日目 国府~大榎橋
 

一行は国府駅に到着し、今後のルートをコミュニティバスの運転手に相談。途中3キロほど歩けば岡崎方面につながるルートが判明したため、次のバスに乗り込み、地元の乗客とも交流し、大榎橋のバス停に到着。

 

 

3日目 大榎橋~本宿
 

一行は大榎橋からこの日2度目の徒歩移動を開始。雨も降りだしたが、岡崎市に入り、本宿駅に到着。バス停を見ると岡崎方面は10分前に最終が出ていたが、回送中のバスの運転士に相談すると額田を経由するルートが判明。

 
 
 
3日目 本宿~岡崎
 

一行は本宿から名鉄バスで額田支所前のバス停へ向かい、待ち時間もほぼなく岡崎市民病院行きの最終バスに乗車した。

 

 

3日目 岡崎~東岡崎
 

一行は岡崎市民病院に到着し時刻表を確認。5分後の名鉄バスに乗り込んだ。車内では安城から先のルートが不安などと話していたが、バスは東岡崎に到着。 

 
 

Sponsord Links

 

 

 

 
 
3日目 東岡崎(愛知)
 

一行は東岡崎駅に到着。観光案内所はすでに閉まっており、翌日も9時からと判明した。安城行きのバスもなかったため、ここで3日目終了。

駅近の岡崎ニューグランドホテルにアポをとり、岡崎城が見える部屋に泊まることになった。

夕食は「ととや」へ。ここまでのルートを確認しつつ、手羽先の唐揚げやととやきという、鶏肉と野菜をみそで絡めた鉄板焼きを頂いた。

 

ととや 東岡崎本店

出典:食べログ ← 

クリックすると店舗詳細が確認できます。

TEL・予約

0564-54-3103

予約可

住所

愛知県岡崎市明大寺町字耳取68-1

交通手段

名鉄東岡崎駅南口から徒歩1分

東岡崎駅から80m

営業時間

17:00~24:00(L.O.23:00)

夜10時以降入店可、日曜営業

定休日

不定休

 

 

 
 

ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z 伊豆下田~知多半島師崎

 

4日目 東岡崎(愛知)
 

最終日。ゴールまでのルートが見えないまま一行は東岡崎駅の案内所で相談。安城経由で刈谷、碧南に行き、そこから地下トンネルを歩いて知多半島に行くルートが判明した。

 

 

4日目 東岡崎~安城
 

一行は東岡崎から名鉄バスで安城駅前に向かった。

 

 

4日目 安城(愛知)
 

一行が安城駅前に到着すると、ここから病院を経由し碧南までつながるルートが判明。刈谷まで行く予定を変更してバスに乗り込んだ。

 

 

4日目 安城~榎前
 

一行は安城駅前から安城市コミュニティバスで安城更生病院に到着。碧南の病院へ乗り継げるはずだったが、時刻を確認すると出発は1時間後。それより先に出る別のコミュニティバスで近づく方法や、別会社のバスに乗れそうな方法も浮上し、結局榎前に向かうバスで移動した。

 

Sponsord Links

 

 

4日目 榎前(愛知)
 

一行は榎前のバス停に到着。碧南方面に乗り継ぎができそうなバス停があるはずだったが、そのバス停へ向かって歩いているとバスが目の前を走行していった…。

 

 

4日目 榎前~碧南
 

一行は榎前で碧南方面に乗り継ぎができそうなバス停に向かって歩いていたが、バスが目の前を通過。結局乗ることはできず、次のバスは3時間後。さすがに待ってられず、当初の目的地の碧南市民病院まで3キロの徒歩移動。当初乗るはずだったコミュニティバスにも追い抜かれてしまった。

 

 

4日目 碧南~大浜
 

一行は碧南市民病院に到着。海底トンネルまで行けるルートを検討すると次のバスは50分後。バスルート沿いに歩き、途中で食事をとる作戦にした一行は、鉄板焼きの店「ゑびす屋 本店」に立ち寄り赤焼きそばを味わった。食後、荒子保育園のバス停から碧南市コミュニティバスに乗り、大浜小学校に到着。

 

ゑびす屋 本店

出典:食べログ ← 

クリックすると店舗詳細が確認できます。

TEL・予約 0566-48-6268
住所

愛知県碧南市笹山町3-18-3

交通手段

名鉄三河線「碧南中央駅」より車で5分

北新川駅から1,761m

営業時間

11:00~24:00

ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

定休日

火曜日

 

4日目 大浜~知多半田
 

大浜に到着した一行は歩いて海底トンネルの衣浦トンネルに到着。歩いて海を渡り、ようやく知多半島上陸し、さらに歩いてバス停を目指していると、再び走行中のバスに遭遇したがまたもや乗ることはできなかった。

知多半島に上陸した一行。偶然遭遇したバスに乗ることはできなかったが、目的地方面とは違うルートだった。気を取り直して駅へ向かった。

 

 

4日目 知多半田(愛知)
 

タイムリミットが迫る中、一行は知多半田駅に到着。案内所で相談したところ、一旦常滑を目指し南下することとなった。

 

 

 
 
 
 

Sponsord Links

 

4日目 知多半田~常滑
 

一行は知多半田を出発し夕方5時半すぎ、知多バスで常滑駅に到着。時刻表を見ると上野間へ向かうバスは最終の1本前があり、乗り込んだ。

 

 

4日目 常滑~上野間
 

一行は常滑駅から知多バスで上野間駅に到着。バスの運転士によると6キロ先の河和まで行けばゴールまでのバスがあるという。

 

 

4日目 上野間~河和
 

一行は上野間駅に到着したが、時刻は夜7時。最終バスはすべて終わっていたが、一縷の望みを賭けて河和までの6キロの徒歩移動を決断した。

 

 

4日目 河和(愛知)
 

一行は6キロの道のりを歩き、夜8時18分、河和駅に到着。すると駅前にバスが停まっており、師崎港行きの最終の1つ前に間に合った。

 
 
 
 
4日目 河和~師崎港
 

一行はいよいよ最後のバス。河和駅から海っ子バスで師崎港に向かった。

 

 

4日目 師崎港(愛知)
 

一行は師崎港に到着、ゴールに成功した。下田から乗車バス29本、走行距離約390キロ、合計運賃15500円だった。3人は言いたいこといっぱいあるけど達成感は半端ない、諦めちゃいけないことを本当に学んだなどと感想を話した。

 
 
 
 

エンディングトーク

 

 

次回も楽しみですね♪    

後記:コチラの情報は放送当時のものとなります。

※料理の値段は時期や天候などによって変動する可能性があります。
※品切れの場合もございますご了承ください。
※路線情報は変更になったり廃止になる場合がございます。
 
 
 
 
 
バックナンバー 
 
 
 
 

2016 年1月2日 (土)第22回 水戸・階楽園~長野・善光寺

2015 年9月12日 (土)第21回 大阪・堺~三重・鳥羽

2015 年 6 月20 日 (土)第20回 北海道洞爺湖~知床羅臼

2015 年 1 月 3 日 (土)第19回 大阪・大阪城~石川・金沢兼六園

2014 年 9 月 13 日 (土)第18回 静岡県・御殿場~新潟県・直江津

2014 年 4 月 26 日 (土)第17回 山口〜高知・室戸岬

2014 年 1 月 4 日 (土)第16弾 館山〜会津若松

2013年 8 月 31 日 (土)第15弾 米沢〜大間崎松

2013 年 4 月 27 日 (土)第14回 名古屋~能登半島

2013 年1月 5 日 (土)第13回 東京・西新宿~新潟・萬代橋

2012 年9月1日 (土)第12回 松阪~松本城

2012 年4月28日 (土)第11回 高松~伊勢

2011 年12月3日 (土)第10回 四国ぐるり一周 徳島~高知~愛媛~香川

2011年7月30日 (土)第9回 島根県出雲~鹿児島県枕崎

2011 年3月26日 (土)第8回 京都・三条大橋~島根・出雲大社

2010 年9月4日 (土)第7回 青森・青森港~新潟・萬代橋

2010 年2月27日 (土)第6回 冬の奥州街道(宮城県松島~青森県竜飛岬)

2009 年9月5日 (土)第5回 みちのく奥州街道(栃木・日光~宮城・松島)

2009 年3月28日 (土)第4回 京都~広島(宮島)

2008 年10月4日 (土)第3回 函館~宗谷岬

2008 年3月22日 (土)第2回 東京・日本橋 ~ 京都・三条大橋

2007 年10月20日 (土)第1回 横浜~富山