ニュースエブリー

出典:日テレ

「news every.」ニュース・エブリー(1月25日)水曜日、人気コーナー『every特集』で紹介された「レトロなビルで営業中!なつかし名物の繁盛店」街の大繁盛の人気店!お店の店舗情報・人気のメニュー・テレビグルメ情報をまとめました。志野、シーザー、南雲

2017年1月25日

・日本テレビ放送 水曜日news everyニュース・エブリー人気コーナー 『every特集』

 

連日、行列のできる人気店
 
そのメニュー、お味の秘密や愛される理由が今回のOAで分かりました♪
 
今日の特集は昭和なグルメで大人気のお店を特集。
 
「レトロなビルで営業中!なつかし名物の繁盛店
 
“名物繁盛店”の店舗&メニューをご紹介!
 
*テレビを見て行ってみたいと思った貴方のために紹介されたお店の情報(連絡先・定休日のお休み・営業時間・メニュー・地図)をご案内します。
 

Sponsord Links

 

 

 

 

人が集まるのにはわけがある。

特集のテーマは「昭和レトロな食堂街」。

 

1軒目は  五反田に向かった。

やない由紀が築40年の昭和ビル、TOCビルを訪れた。ビルの地下は昭和の飲食店街の雰囲気が残っている。

大衆食堂「志野」は素朴な味わいの料理を提供している。

客の大半が注文するのが「ニクシチ」こと「豚肉七味炒め定食」。
最初は甘めのタレだがじわじわ辛味が追ってくる、おかわりしたくなりますねとやない由紀。ニクシチは先代店主の創業時から存在していたが、店主は中華料理の諸君人であったため当時はラーメンなどの方が人気であった。二代目店主が2年以上の研究を重ね、ニクシチの認識を押し上げた。

豚肉や七味にもこだわり、七味には韓国産唐辛子をブレンドしている。二代目の長男好輝は去年店を手伝い始めたが、その理由は助っ人で店に入ってくれたミンミン氏の腕に惚れ込んだため。ミンミン氏は10年以上中国のホテルで働いていたベテラン。好輝は代々続いてきた店でやっていきたいとの気持ちがあり、それができる状態にまで腕を上げたいとミンミン氏に弟子入りしている。

 

出典:食べログ ← 

クリックすると店舗詳細が確認できます。

TEL・予約 03-3494-4988 予約不可
住所

東京都品川区西五反田7-22-16 TOCビル B1F

交通手段

五反田駅から徒歩10分、大崎広小路駅から徒歩5分。

大崎広小路駅から321m

営業時間

11:00~16:00

ランチ営業、日曜営業

定休日

年中無休

紹介メニュー :豚肉七味炒め定食  910円

豚のしょうが焼き

 

Sponsord Links

 

 

——————————————————————————–

 

2軒目は  溜池山王に向かった。

 

昭和41年開業のコマツビルに坂田陽子が訪れた。

屋上庭園は桜の木がある。地下には昭和感のある光景が広がっている。

昭和48年創業の「シーザー」は内装もほぼ当時のまま。シーザーの名物ママは81歳の吉田和子にはファンもついている。今日のBランチについていた「ビクトリアカツレツ」はハンバーグに衣をつけて揚げたもので、ママが昔銀座で食べたメニュー。

厨房を預かるのは息子で、大病を患っていた母のために自分の店をたたみこの店を継いだ。ひじきをミキサーにかけ加えたカレーなど意外な食材を使ったメニューもある。カレーを食べた坂田は昔ながらの喫茶店のカレーだと感想を述べた。

 
出典:食べログ ← 
 
クリックすると店舗詳細が確認できます。
 
TEL 03-3584-6426
住所

東京都港区赤坂2-3-6 小松ビル B1F

交通手段

東京メトロ溜池山王駅から徒歩1分

溜池山王駅から208m

営業時間

8:00~19:00

定休日

土曜・日曜

紹介メニュー:今日のBランチビクトリアカツレツ  900円
 
ランチ
 
 
 
 
——————————————————————————–   
  
 
3軒目は  虎ノ門に向かった。
 
 

昭和41年に開業した共同通信会館の地下には今も食堂街が健在。創業から42年間取材拒否だった店へ赴いた。

共同通信会館の地下にある中華料理店「南雲」の暖簾には「豆腐料理」の文字が掲げられている。人気メニューは「五目豆腐めん」で、坂田陽子は辛味のあるアンで豆腐の甘さが際立つとコメントした。「肉豆腐めん」や「棒々鶏豆腐」など豆腐にこだわっており、きっかけは奥さんの祖父が豆腐屋であったこと。先代の店主は全ての取材を断る厳格な人物で、二代目も取材拒否は守ってきていた。二代目店主は元ホテルマンで、元々奥さんの店を継ぐ気はなかったがアルバイトで手伝っていく内にこちらにのめり込んでいったという。このあとは…「取材解禁の意外なワケ」。

中華料理店「南雲」はこれまで全ての取材を断ってきた。取材解禁の意外なワケは、「取材を依頼した電話スタッフが優しそうな女性だったから」。その店主を奥さんは「おぼろ豆腐」と称した。先代から受け継いだスープの味を守り通しており、濃厚な出汁が味の決め手。二代目として開発した新メニュー「カキ豆腐めん」は人気で、客の中には先代よりおいしいと話している。二代目はこの味を守り、かつ新しいものを取り入れたいと話す。

南雲  

出典:食べログ ← 
 
クリックすると店舗詳細が確認できます。
 
TEL 03-3583-8864
住所

東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館 B1F

交通手段

アメリカ大使館の右斜め前にある共同通信社のビル、「共同通信会館」の地下一階

溜池山王駅から490m

営業時間

11:30~14:00
17:00~21:00(L.O.20:30)

定休日  土・日・祝日
 紹介メニュー:五目豆腐めん  900円
 
豆腐麺
 
 
 
 
 
   

——————————————————————————–     

 

今日の特集は昭和から人気のお店を特集しました。

 

 

 

次回も楽しみですね♪    

後記:コチラの情報は放送当時のものとなります。

※料理の値段は時期や天候などによって変動する可能性があります。
※品切れの場合もございますご了承ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シューイチで紹介されたお店・レストラン・飲食店・グルメ情報7月31日放送