ニュースエブリー

出典:日テレ

「news every.」ニュース・エブリイ(9月28日)水曜日、人気コーナー『every特集』で紹介された店主が食材&料理にほれ込んだ「一品こだわり専門店」!お店の店舗情報・人気メニュー・テレビグルメ情報をまとめました。

2016年9月28日

・日本テレビ放送 水曜日news everyニュース・エブリイ人気コーナー 『every特集』

 

長年街で愛されるお店!連日、行列のできる人気店
 
そのメニュー、お味の秘密や愛される理由が今回のOAで分かりました♪
 
今日の特集は
 
店主が食材&料理にほれ込んだ!一品こだわり専門店」
 
の店舗&メニューをご紹介!
 
*テレビを見て行ってみたいと思った貴方のために紹介されたお店の情報(連絡先・定休日のお休み・営業時間・メニュー・地図・予約・カード使用)をご案内します。
 

Sponsord Links

 

 

1軒目は  東京駅・八重洲北口 1階キッチンストリートのお店

うに屋のあまごころ 東京駅店 

出典:食べログ ← クリックすると店舗詳細が確認できます。

店名

うに屋のあまごころ 東京駅店 (【旧店名】リッチョマニアキッチン)

ジャンル

イタリアン、スイーツ(その他)、オムライス

TEL・予約

 

050-5590-1389 (予約専用番号)

03-6212-6224 (お問い合わせ専用番号)


住所

東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口 キッチンストリート 1F

交通手段

八重洲北口から徒歩2分(キッチンストリート1F)

東京駅から239m

営業時間

ランチ 11:00~15:00
ディナー 15:00~23:00(L.O.22:00)
※スペシャルディナー

ランチ営業、日曜営業

定休日

予算(ユーザーより)

[夜]¥2,000~¥2,999[昼]¥1,000~¥1,999

カード

サービス料・チャージ

なし

東京駅から八重洲北口1階のキッチンストリートにある、2年前にオープンしたうに屋のあまごころを紹介。

ランチ一番人気はご飯、卵、ソース全てにウニを使った「想い出のうにオムライス」で1490円である。
とろとろの卵に食感が残るウニがあり、トマトベースソースに酸味をまろやかにするウニの甘みというバランスがとても良いとした。生うにはその時期に食べごろのものを世界各地から取り寄せている。国産と外国産ウニを10グラム単位で注文し食べ比べができる「自分だけのウニ丼」は、三陸、カナダ、チリ産各20gで2484円である。カナダ産ウニは味は濃いが甘みはさっぱり、三陸産ウニはとろけて上品に広がっていくとした。自家製のウニ塩をかけてたべる「あまごころ塩アイス」など、うに料理は20種類以上ある。店長の服部さんは、店の料理のほとんどを考案している。生うにと加工うにの良さを発信していければとした。このお店は長崎県壱岐市のウニ製品を作る会社、あまごころ本舗が運営している。裏ごししたウニにみりんや魚醤などを合わせた練りウニの調味料や、生うになどを旬の時期に届けている。

紹介メニュー :

想い出のうにオムライス 1490円(税込み)

うにオムライス       

うに屋のうに丼 2484円(税込み)
※ご飯、チリ産20g、海外産20g、国内産20g

うに丼


うにを練り込んだ生パスタ 1598円(税込み)

うにスパゲッティ

あまごころ塩アイス 432円(税込み)

 

Sponsord Links

 

 

——————————————————————————–

2軒目は 東京北区、十条駅近くの商店街にあるバクテー専門店「肉骨茶」を紹介。

肉骨茶  

出典:食べログ ← クリックすると店舗詳細が確認できます。
 
店名

肉骨茶 (バクテー)

ジャンル

アジア・エスニック料理(その他)、その他肉料理、東南アジア料理(その他)

TEL・予約

03-6325-7789

予約可

住所

東京都北区上十条2-30-9

交通手段

JR 埼京線十条駅北口 徒歩1分
北口改札を出て右へ。大東京信用組合左の「プチロード」を50m入った左側角。

十条駅から125m

営業時間

[月~土]
11:00~21:30(L.O 21:00)
[日.祝日]
11:00~21:30(L.O 21:00)

ランチ営業、日曜営業

定休日

なし

予算(ユーザーより)

[夜]~¥999[昼]¥1,000~¥1,999

カード

不可

店は3年前にオープンし、お昼時に賑わう。店の名前でもある肉骨茶は、マレーシアの料理でスパイスを使ったスープ料理である。豚肉のスペアリブをシナモンなどの18種類のスパイスで煮込んだスタミナ料理である。肉もほろほろで、スープもお醤油のコクがある、残ったスープはご飯にかけてお茶漬け風に食べる。肉骨茶は19世紀マレーシアがイギリス植民地時代に出稼ぎの中国人労働者が食べ始めたことがきっかけと言われている。店長の斎藤さんはスタミナがつくものを食べてもらいたいということで、会社員だったがバクテーを広めたいという思いから店を出したという。

 
 
 
紹介メニュー:
ガッツバク定食 1058円(税込み)
 
定食
       
バクマン 150円(税込み)※テークアウト
 
肉まん
 
バクテーの作り方を教えてもらう。カナダ産豚肉のスペアリブを使い、肉を下茹でしてしっかり掃除しお湯に入れ、シナモンなどの体の中から元気にする18種類のスパイスを入れ約2時間煮込む。マレーシアの醤油などで味を整えて完成する。3年前の開店当初は苦戦し、ラーメン屋と間違えて入ってくる人も多かったという。そこで、オリジナルの商品としてバクテーのスープと肉を餡にした「バクマン」を考案し、店頭で売り出しバクテーを食べてもらえるようになったという。
 
 
 

Sponsord Links

 

 

——————————————————————————–

3軒目は 東京文京区にある宮崎うどん専門店はつとみ。

宮崎うどんは讃岐産の太麺と比べ、「女麺」というくらいに細くてやわらかく、コシがありツユはシイタケのダシに甘口しょうゆなどを使う。一番人気は梅豚うどんで900円である。優しい触感で、モチモチの食感の中にコシがあり、梅の酸味が程よく広がり爽やかな味わい。店主の熊谷さんは長野県出身で宮崎うどんに惚れ込み、渋谷にある宮崎うどん名店「澤乃井」で20年間腕を磨いた。もともとはうどん好きではなかったが、細麺のやわらかい宮崎うどんを知り惚れ込んだという。この後はカレーに冷やし、店主オススメのうどんを紹介。

釜あげうどん はつとみ

出典:食べログ ← クリックすると店舗詳細が確認できます。
 
店名

釜あげうどん はつとみ

ジャンル

うどん

TEL・予約

03-3260-9234

住所

東京都文京区関口1-48-5 イシダビル 1F

交通手段

有楽町線 「江戸川橋」1b出口より徒歩3分

江戸川橋駅から274m

営業時間

[月~土]
11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~23:00(L.O.22:15)

ランチ営業、夜10時以降入店可

定休日

日・祝

予算(ユーザーより)

[夜]¥1,000~¥1,999[昼]~¥999

カード

不可

紹介メニュー:

釜揚げうどん 650円(税込み)

釜揚げうどん
       

梅豚うどん 900円(税込み)

うどん      

野菜カレーうどん 900円(税込み)

カレーうどん      

冷やしサラダうどん 950円(税込み)

さらだうどん

細くコシのあるうどん麺をシイタケなどダシの甘めのつゆで食べる。細めでつるつる、喉越しのよいうどんが食べたかったため開店したと話した。こだわりの麺は毎朝熊谷さん1人で作る。2種類のうどん粉をブレンドし、足で踏みこねる。半日寝かせて、幅6ミリほどの細麺にカットする。ツユはシイタケのダシに昆布・カツオ節・甘口しょうゆ・みりんなどを入れ一日寝かせ完成。人気の味は野菜カレーうどんで、野菜の素揚げをのせ900円。冷やしサラダうどんも冷やした麺に自家製ゴマダレをかけてたべる。

スタジオでは好きだからこそ極められ、自信が溢れているのだと話された。

 

次回も楽しみですね♪    

後記:コチラの情報は放送当時のものとなります。

※料理の値段は時期や天候などによって変動する可能性があります。
※品切れの場合もございますご了承ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シューイチで紹介されたお店・レストラン・飲食店・グルメ情報7月31日放送