「フレッドペリー」が世界最大の旗艦店を神宮前にオープン
全コレクションを取りそろえる世界最大のフラッグシップショップ

「フレッドペリー(FRED PERRY)」が3月19日、フレッドペリーショップ東京を神宮前にオープンする(東京都渋谷区神宮前5-9-6)。店舗は、地下1階、地上2階建ての総売り場面積約370平方メートル。全コレクションを取りそろえる世界最大のフラッグシップショップとなる。外観は、ロンドンの街並みから着想を得たレンガ作りで、東京の街並みに合わせてダークチョコレートカラーに仕上げた。外壁には、愛知県安城市の窯で焼き上げたレンガ約4万5000個を積み上げ、2か所のエントランスを結ぶ遊歩道には「フレッドペリー」のアイコンでもある月桂樹を植える。また、中2階の床材にも月桂樹を採用。同フロアには、イギリスメーカー「タンノイ(TNNOY)」のメインスピーカーと「リン(LINN)」のアナログプレイヤーを組み合わせたサウンドシステムを導入する。

スポンサーリンク



オープンを記念して、ブランドと関わりの深いミュージシャンやデザイナーとコラボした数量限定アイテムを発売する。ミュージシャンとコラボしたモデルには、”ポール・ウェラー”(2万2000円)、”テリー・ホール”(3万円)、”エイミー・ワインハウス”(3万6000円)、”デーモン・アルバーン”(2万6000円)、”ドン・レッツ”(2万8000円)を各10枚限定。 クリエイティブ・ユニットの”アート・カムズ・ファースト”とコラボしたモデル(2万円)は白黒2色を各100枚限定で販売する。

ポロシャツ

ポロシャツ

——————————————————————

【フレッド・ペリー】

フレッド・ペリーFred Perry, 1909年5月18日- 1995年2月2日)は、イングランド・ストックポート出身の男子テニス選手。フルネームは Frederick John Perry (フレデリック・ジョン・ペリー)という。“イギリスのテニスの神様”として祭り上げられ、今なお尊敬を集め続けている名選手である。4大大会でシングルス通算「8勝」を挙げた。1934年から1936年にかけて、地元のウィンブルドン選手権で大会3連覇を達成した。

1952年、ペリーはロンドンで「フレッド・ペリー・スポーツウェア社」を設立した。このブランドは月桂樹のロゴで広く知られ、テニスウェアとしてだけではなく、1960年代にはモッズと呼ばれた若者にも好んで着られており、現在でも服飾ブランドとしての地位を固めている。

スポンサーリンク