WEGO

みんな大好きWEGOウイゴー!
いつ買い物に行っても楽しいショップでお財布にもやさしいですよね♪そんな人気ショップの秘密が記事に出ていたのでご紹介します。

記事出典:WWD JAPAN.com

ウィゴーの2005〜2017年の売上高と店舗数の推移と予想

ウィゴーの2005〜2017年の売上高と店舗数の推移と予想

スポンサーリンク



『ウィゴーの急成長ぶりが異彩を放っている。10年前に45億円だった売上高は前期(2015年2月期)に255億円(前期比122%)、今期(16年2月)は40店舗近い出店もあり、330億円(前期比170%)に届く勢いだ。』

 

ウイゴーはもともとメンズカジュアル中心のショップでしたが15~16年前からウイメンズに力を入れ始めました。

丁度その頃、まさに黒船来襲の「ファストファッション」のZARA・H&M・FOREVER21などが次々と日本に出店してきた時でした。

メンズカジュアルのジーンズメイトやライトオンが苦戦するなかウイメンズにもこの10年挑戦していますがウイゴ―のような成果は出せていません。

 

その一番の原因がウイゴ―は 【和製ファストファッション】 を目指している所に日本勢の中で唯一の成長を遂げているポイントがありそうです。

もともとウイゴ―がメンズカジュアルで培った情報力と生産背景を武器にいち早くウイメンズのトレンドをつかみクイック生産で格安の商品のラインナップを可能にしていたところが勝因に挙げられます。

 

 

更にこの10年で情報発信地の原宿に店舗を構えたところも業績を飛躍させた要因のようです。

ファッションの情報が集まる街に出店したことで旬な情報が鮮度よく入ってきて次々とトレンドを掴んでいるようです。

ウイゴ―

 

現在は雑貨にも力を入れており更にウイメンズを強化。売り場もさらに雑貨の坪数を広げるなど雑貨&ウィメンズのシェアが7割に上昇。メンズを買う女性客も多いそうです。

ウイゴ―


 

 


各店舗スタッフのSNSの運用と解析を徹底

ウイゴ―

スポンサーリンク




好調の業績を更に伸ばすため今後はWEBショップに更に注力していくとの事。

最近は各ショップのスタッフがSNSを活用してショップ&WEBに送客する率がじわじわと上昇しているので更に強化する方針のようです。

ショップモデルの中には事務所契約を結び専属で活躍するスタッフも出始めているのでショップスタッフのモチべーションも上がっているようですね。

————————————————–

いかがでしたか?

みんな大好き WEGO これからも期待大です♪